IG証券
コラム

パランティアの「SPAC投資を絡めたビジネスモデル」に注目してみよう

パランティア・テクノロジーズとは

パランティア・テクノロジーズ(ティッカー:PLTR)は、2020年に直接上場したばかりの、ビッグデータ分析を手掛けるIT企業です。同社は、国防総省・FBIなど政府機関向けの「ゴッサム」というソリューションと、民間企業向けのソリューションを提供しています。
銘柄解説 PLTR:Palantir Technologies Inc(パランティア・テクノロジーズ)
パランティアテクノロジーズを2003年に共同設立したピーター・ティール氏は、「ペイパル・マフィア」(ペイパルの設立初期の精鋭メンバーが、同社を退職後、10社以上にのぼるテック系スタートアップを次々と設立したことから名付け...

最近、このパランティアの、SPAC投資を絡めたビジネスモデルが注目を集めています。

目次に戻る

パランティアの「SPAC投資を絡めたビジネスモデル」

SPACとの合併を介して公開される企業は、「PIPE(Private Investment in Public Equity)トランザクション」と呼ばれる私募による追加の資金調達を行うことがよくあります。 PIPEトランザクションのほとんどの参加者は機関投資家ですが、パランティアは、このPIPEトランザクションに参入しています。

これまでに、パランティアは少なくとも8件のSPAC関連のPIPEトランザクションに参加して、1億ドルを超える投資を行っており、パランティアのビッグデータ分析ソフトウェアの恩恵を受けることができる新興企業から、パランティアのビジネスを獲得する方法として、このPIPE取引を使用しています。

つまり、パランティアは、社のデータ分析ソフトウェアを使用するという複数年のコミットメントと引き換えに、前もって資本を提供しているわけです。
パランティアはバロンズに対して、「長期的なソフトウェア契約は、PIPEトランザクションによる先行投資を上回る」(要は元が取れる)と説明しています。

目次に戻る

パランティアのPIPEトランザクションの投資先

以下に、パランティアが具体的にPIPEトランザクションを行っている投資先をリストアップします。

同社の直近のフォーム10-Q(2021年1Q、2021年5月12日)(出所:SEC EDGARシステム)では、5つの取引にまたがる合計1億3200万ドルのPIPE投資を開示しています。なお不特定の会社への2,000万ドルの投資が含まれます。

Lilium GmbH

リチウム(Litium)社のWebサイト

これまでのところ、パランティアの最大の投資先が、このリチウム(Litium)社です。ドイツを拠点とするリチウムは、垂直離着陸が可能な7人乗りの電動エアタクシーを開発しています。

パランティアは2021年3月30日、Qell Acquisition Corp(「Qell」、元GMの幹部によるSPAC)およびQell DutchCo BV(「Lilium HoldCo」)と、合計でLilium HoldCoのクラスA普通株式410万株を、私募で41.0百万ドルで購入する契約を締結、私募の完結は、Qell、Lilium HoldCo、およびLilium GmbH(「Lilium」)の間の企業結合が完了することが条件です。同時にパランティアは、リチウムから、パランティアの分析ソフトウェアの5年間のサブスクリプション契約を獲得しています。なお、リチウムへの共同投資家には、ベイリーギフォード、ブラックロック、テンセント、PIMCOなどが含まれます。

参考:フォーム10-Q原文
Investment Commitment
On March 30, 2021, the Company entered into a subscription agreement with Qell Acquisition Corp (“Qell”) and Qell DutchCo B.V (“Lilium HoldCo”) to purchase 4.1 million Class A ordinary shares of Lilium HoldCo in a private placement for a total purchase price of $41.0 million. The closing of the private placement is contingent upon the completion of the proposed business combination between Qell, Lilium HoldCo, and Lilium GmbH (“Lilium”). Additionally, concurrent with signing the subscription agreement, Lilium and the Company entered into a five-year enterprise subscription contract to access the Company’s products and services.

目次に戻る

以下の案件は、1Q決算より後に発生したために、フォーム10-Qでは後発事象(Subsequent Events)という区分で開示されていますが、内容は同様です。

Sarcos Corp. 

Sarcos Corp.のWebサイト

Sarcos Corp.は産業用ロボットの製造を手掛ける会社です。2021年4月5日、パランティアはRotor Acquisition Corp. (“Rotor”)と、私募でクラスA普通株式210万株を総額21.0百万ドルで購入する契約を締結、私募の完了は、Rotor、Rotor Merger Sub Corp. (Rotorの完全子会社)、Sarcos Corp. (Sarcos)の間で提案された企業結合が完了することが条件です。パランティアは、Sarcosから6年間のソフトウェア契約を獲得しています。
共同投資家には、ブラックロック、キャタピラーベンチャーキャピタル、シュルンベルジェ(SLB)などが含まれます。

目次に戻る

Roivant Sciences Ltd.

Roivant Sciencesは、バイオテックのスタートアップです。2021年5月1日、当社はMontes Archimedes Acquisition Corp.(MAAC)(「モンテス」)およびRoivant Sciences Ltd.(「ロイバント」)と、モンテスのクラスA普通株式300万株を私募で購入する契約を締結しました。 合計購入価格は30.0百万ドルです。 私募の完了は、モンテス、ロイバント、およびその他の該当する当事者間の提案された企業結合の完了を条件としています。パランティアは、ロイバントから5年間のソフトウェア契約を獲得しています。 
共同投資家には、ソフトバンク、フィデリティ、大日本住友製薬などが含まれています。

目次に戻る

Celularity Inc. 

Celularity Inc.はヒト胎盤から医薬品を開発するバイオテック企業です。2021年5月5日、当社はGX Acquisition Corp。(「GX」)とサブスクリプション契約を締結し、GXのクラスA普通株式200万株を私募で合計購入価格20.0百万ドルで購入する契約を締結しました。私募の完了は、GX、Celularity Inc。(「Celularity」)、およびその他の該当する当事者間の提案された企業結合の完了を条件としています。パランティアは、Celularityから5年間のソフトウェア契約を獲得しています。 

目次に戻る

その他の投資先(以下は、バロンズの資料から引用しています)

Babylon Health

Babylon Healthは、アプリベースのヘルスケア配信を提供する会社です。同社は、Alkuri Global Acquisition Corp.(KURI)との合併に合意しています。 共同投資家には、モントリオールを拠点とするSectoral Asset Management、およびストックホルムを拠点とするSwedbank Roburが含まれます。(パランティアは、英国拠点の従業員に対してバビロンのサービスを使用しています。)

目次に戻る

Pear Therapeutics

Pear Therapeuticsは、処方箋ベースのデジタル治療を提供する会社で、Thimble Point Acquisition(THMA)との合併によって公開予定です。 共同投資家には、SoftBank、Temasek、Novartis(NVS)などが含まれます。

目次に戻る

Boxed.com

Boxed.comは、コストコに類似したスタイルで大量に販売される消費財のオンライン小売業者です。 同社はSevenOaks Acquisition Corp.(SVOK)との合併によって公開予定です。 共同投資家には、Brigade Capital Management、Avanda Investment Management、OnexCreditが含まれます。

目次に戻る

Wejo

Wejoは、コネクテッドカー情報サービスを提供する会社で、Virtuoso Acquisition Corp.(VOCO)と合併によって公開予定です。

目次に戻る

参考資料1:Palantir Has Quietly Become a Major SPAC Investor(バロンズ、2021年7月2日
参考資料2:Palantir gets aggressive in SPAC investments, backing digital health, aviation and robot companies(CNBC、2021年6月4日

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました