IG証券
ETFの紹介 コラム

キャシー・ウッド氏のETF「ARKK」等が、好決算の「パランティア」株を買い増し中

ARKKのパランティアの構成ウエイトが、2.67%(15位)に上昇

著名ファンド・マネージャーのキャシー・ウッド氏率いるARK investは、「破壊的イノベーション」による長期的な成長を捉えるファンドとして有名ですが、その基幹ETFであるARKKを含めたETF群において、ビッグデータ分析を手掛ける「パランティア・テクノロジーズ」(ティッカー:PLTR)の持株比率を増やしています。
米国株「ARK Invest」特集(3)ARKの基幹ETF「ARKK」全構成銘柄リスト・順位変動(毎週更新)
はじめに 1回目の記事で、ARK Investの運用するアクティブ型のETFの一覧を紹介しました。 ARKK:Innovation ETF ARKQ:Autonomous Technology & Robotics ETF...
2021年8月13日時点で、ARKKにおけるパランティアのウエイトは、2.67%(15位)に上昇しています。

パランティアの2021年8月13日引け時点の株価の状況は、以下の通りです。
(クリックで拡大できます。)

目次に戻る

パランティア・テクノロジーズの好決算

パランティア・テクノロジーズが2021年8月12日に発表した直近の決算内容を見てみましょう。
データ元は、同社のIRサイトです。

【2021年2Q決算の概要】
収益:3.76億ドル(対前年同期比+49%)(市場予想:3.60億ドル)
EPS(調整後):0.04ドル(市場予想:0.03ドル)
EBITDA(調整後):1.21億ドル
総顧客数:対前四半期比+13%
民間顧客数:対前四半期比+32%

2021年3Qの見通し
収益:3.85億ドル(市場予想:3.79億ドル)

上表の通り、政府機関向けの収益が、2Qに66%増加しています(1Qは+83%)。この内訳には、米国家核安全保障局、米沿岸警備隊、米連邦航空局、米国疾病予防管理センター(CDC)などを含みます。

一方、民間企業向けの収益の割合は政府機関よりもまだ小さいですが、2Qに28%増加しています。ディア、BNYメロン、サザンカリフォルニアエジソンなどを含む、対民間企業向けの事業成長が加速していることを示しています。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました