IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 BIDU:Baidu, Inc.(バイドゥ・百度)

バイドゥ(百度、Baidu)は、北京に本社を置く中国最大の検索エンジンの会社です。Googleに次いで世界第2位の検索エンジンですが、中国大陸ではGoogleなどが利用できないため、バイドゥが最大のシェアを占めています。
バイドゥは最近では、EV(電気自動車)関連銘柄として注目されています。バイドゥは2017年から自動運転に積極的に取り組んでおり、Apollo(アポロ)というオープンソースの自動運転開発プラットフォームを開発、100社以上の製造業やサプライヤーのパートナーを集めています。
2021年1月、同社は中国の自動車メーカーGeely(吉利:ボルボと合併予定)の協力を得て、電気自動車(EV)製造会社を設立することを発表しました。

なお当銘柄は、「破壊的イノベーション」への投資で注目を集めるARK Invest(CEO:Cathie Wood氏)の「ARKK:ARK INNOVATION ETF」の構成銘柄です。こちらの参考記事をご覧ください。

トランプ政権は2020年11月、中国軍との関係があると見られるいわゆる「ブラックリスト」企業の有価証券を米国の投資家が購入することを(2021年11月より)禁じる執行命令を出しました。このリストから、アリババ、テンセント、バイドゥは除かれ、従来通り米国の投資家はこれらを購入できる、と報道されています。2021年1月14日更新

 


業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2021年9月18日

Wikipedia(日本語)
百度 - Wikipedia
(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました