IG証券
コラム

ナイキの4Q決算は予想を上回って良好(ボイコット影響下の中国の売上は△17%)

24日(木)の引け後に発表されたナイキの4Q決算は、事前予想を上回って好調でした。ナイキの株価は、24日取引時間外で△12.87%上昇しています。

【ナイキの4Q決算の概要】データ元:ナイキIRサイト

  • 4Qの収益は123億ドル(市場予想は110億ドル)(対前年同期比△96%増加、対前前年同期比△21%)
  • 4Qの希薄化後EPSは0.93ドル(市場予想は0.5ドル)、通年では3.56ドル
  • 年度の収益は445億ドル(対前年比△19%)
  • ダイキダイレクトの4Q収益は、73%増の45億ドル(対前年同期比△73%)
  • 4Qの粗利益率は45.8%(△850bp)

ジョン・ドナヒューCEOは、「好業績は、消費者向けダイレクト販売を加速させたことが主因(上述の通りナイキダイレクトの第4四半期の売上高は73%増)」と説明しています。

北米は、前年比141%の成長率で、引き続き最重要地域。EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)は前年比124%の売上増加で、中国を抜いて、ナイキにとって2番目に大きな市場に成長しました。

中国では、売上高消費者によるボイコット(ウイグル人やその他の少数民族による強制労働の使用について、サプライチェーンをチェックするという同社の決定への対応)が減少して、前年同期比で17%増加しています。

(クリックで拡大できます。)データ元:ナイキIRサイト

ナイキの4Qの地域別売上の比率は;

  • 北米:約45%
  • EMEA:約25%
  • 中国:約16%

です。中国に対するリスクがそれほど高くない事業展開をしていることがわかりますね。

 

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました