IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
個別銘柄の紹介

銘柄解説 DAL:Delta Air Lines, Inc.(デルタ航空)

ジョージア州アトランタに本社を置くデルタ航空は、1928年創立、南部地域を中心とした路線の航空会社として発展し、1972年にノースイースト航空、1987年にウェスタン航空を買収し、1991年には破産したパン・アメリカン航空の大陸間ルートを引き継きました。
2005年、競争激化と原油高によるジェット燃料の高騰によって経営危機に陥り、ノースウエスト航空と同時期に連邦倒産法第11章の適用を申請して経営破綻、その後運航自体は継続しながら経営再建を行い、2007年に連邦倒産法第11章から脱却して経営再建に成功、NYSEに再上場しました。
2008年に米国第5位のノースウエスト航空との合併を発表、当時として世界最大の航空会社が誕生し、2010年に正式に統合が完了しました。同社は航空アライアンス「スカイチーム」のメンバーです。

社名は「ミシシッピ・デルタ」地帯にちなんで付けられています。
旅行・レジャー関連の米国ETF・個別銘柄(正常化したら思いきり旅行したい)
「旅行・レジャー」関連のETF   ワクチン接種がすすんで正常化したら、思いきり世界を旅行したいですね。ということで、「旅行・レジャー」関連銘柄特集を始めたいと思います。1回目はETFと個別銘柄の紹介から始めます。 以下、旅行...

 



業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2022年10月01日


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました