IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

キャシー・ウッド氏のARK Invest、NYからフロリダに引っ越し

ARK Invest、本社を11月にフロリダに移転

著名ファンドマネージャーのキャシーウッド氏率いるARKInvestは、10月6日、本社をニューヨーク市からフロリダ州セントピーターズバーグに、11月1日付で移転すると発表しました。

ARK Investはまた、フロリダの地方自治体と協力して、インキュベーター施設を建設する計画を発表しました。これは、「セントピーターズバーグとタンパベイ地域の起業家や技術系のスタートアップを支援することで、優秀な人材を維持し、引き付けること」を目的としています。インキュベーター施設は、「ARK Innovation Center」と名付けられ、来年初めに着工、2023年7月にオープンする予定です。

キャシーウッド氏は、以下のように声明を出しています。

ARK is not a traditional Wall Street asset management firm, and we are looking forward to breaking the mold further by relocating to St. Petersburg, a city investing in technology, science, and innovation. 
ARKはウォール街の伝統的な資産運用会社ではありません。テクノロジー、科学、イノベーションに投資する都市セントピーターズバーグに移転することで、古い殻をさらに破ることを楽しみにしています。

目次に戻る

フロリダは温暖なだけでなく、税金も安い

昨年のパンデミック以来、シタデルやブラックストーンなど、ウォール街の多数の企業がフロリダにオフィスを開設しており、著名ヘッジファンドマネージャーのポールシンガー(Paul Singer)氏率いる、エリオットインベストメントマネジメント(Elliott Investment Management)は、本社をNYからウェストパームビーチに移転しています。

パンデミック以降のリモートワークの進展もあって、NYやサンフランシスコのような大都市の高い不動産や高い税金が再考されているようですね。
ちなみに温暖なフロリダ州は、ワシントン州・ネバダ州・テキサス州などと同様に、州での個人所得税が課税されない州です。(なお、テスラのイーロンマスク氏は、新工場のあるテキサス州に引っ越し済みです。)

ただし、ほとんどの投資会社は、大都市でのネットワークや人材を失うことを懸念して、本社移転をためらっているようです。
バロンズによれば、SECの今年9月時点のデータでは、フロリダに本社を置く投資会社は、業界全体のまだわずか1.4%だそうです。
ただしARK Investのフロリダ移転で、他社の移転に勢いがつくかもしれませんね。

 

 

 

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんもフロリダにお住まいですね。

 

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました