IG証券
コラム

スマホ証券のロビンフッド、今年4月~6月頃に上場か?

ロビンフッドがSECに上場申請

今週の月曜(2021年3月22日)にロビンフッドが米証券取引委員会(SEC)に上場申請書類を提出した、と報道されていますね。

Trading App Robinhood Says It Files Confidentially for IPO(Bloomberg, 2021-03-23)

“Confidentially”に書類提出した割には、ブルームバーグが最初に報道したあとに一斉に報道されていますね。

この上場による資金調達額は不明で、また直接上場(Direct listing)を使用するのか、従来のIPOを使用するのかもまだ不明のようです。

なお直接上場は、新株の発行を伴わず、公募価格が存在しない上場の方法です。直接上場は、企業の評価が市場に委ねられるので効率的に資金調達が可能で、上場のコストも低くなるので注目されています。

通常、SECに上場申請書類を提出してから、SECの審査に1〜2か月ほどかかります。 ブルームバーグは、ロビンフッドが第2四半期のどこかで上場する可能性があると予測しています。

同社は2013年に設立、手数料無料のオンライン証券サービスを提供しています。従業員は2020年時点で1,281人。これまでに56億ドルの資金を調達しています。顧客のオーダーフローは、シタデルなどのHFT(超高速自動トレードを行うヘッジファンド)大手に流れており、同社はリベートを受け取っています。また今年1月のゲームストップ(GME)株等の相場騒乱の際に、GME株等の株式の購入を制限した件について、精査されています。

マーケットはどのような評価をするでしょう?
上場で透明性が高まるのは良いですね。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました