IG証券
コラム

史上最大のユニコーン企業「Stripe(ストライプ)」とは?



ストライプのWebサイト:https://stripe.com/

「Stripe(ストライプ)」とは?

超注目企業を当サイトでも紹介しておきたいと思います。

ストライプは「史上最大」といっても大袈裟ではないほどの凄さがあるユニコーン企業です。
(ユニコーンは、評価額が10億ドル以上の非上場のベンチャー企業を指します。元は「一角獣」の意味)

同社の評価額は、2021年3月現在950億ドルと報道されており、これは2020年4月に報告された評価額のほぼ3倍となっています。(参考に、Facebookの公開直前の評価額は、約830億ドルでした。)

ストライプは、2010年にアイルランド人のパトリックとジョン・コリソン兄弟が設立、サンフランシスコに本社を置く、オンライン決済サービスのフィンテック企業です。

MITとハーバードを中退して起業した両氏は、2017年に世界長者番付に純資産11億ドルで掲載され、最年少のビリオネアとなっています。

【ストライプのサービス一覧】


同社はインターネット上でのクレジットカード決済を行うためのプラットフォームを提供しており、100以上の通貨・国に対応する拡張性、導入の手軽さ、コストの低さから、アマゾン、グーグル、フェイスブック、ズーム、セールスフォース、スポティファイなどの大企業をはじめ120カ国以上、数百万におよぶ企業が同社のソフトウェアを使用して支払いを受け取っています。 同社はトランザクションごとのフィーで収益を上げており、競合他社には、Adyen(アディアン:オランダ)、ペイパル、スクエアが含まれます。

ペイパルの設立者であるイーロン・マスクとピーター・ティールも、ストライプに出資しています。

ストライプは、2021年に株式を公開すると噂されています。なお日本法人のWebサイトはこちらです。

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました