IG証券
コラム

「BNPL(Buy Now Pay Later)」はフィンテックの注目分野

BNPL(Buy Now Pay Later)とは

BNPL(Buy Now Pay Later)は、「今すぐ購入して後で支払う」、要は後払い・分割払いによる決済サービスです。

たとえば貴方が、スマホのeコマースのサイトで、スニーカーを1万円で注文するとします。注文時に、BNPL業者(アファームなど:後述)を選択、アファームの審査は数分で終了します。支払いは4回分割を選択(クレジットカードやデビットカードなどを選択)で、1回目の2,500円は注文時に支払い、残りの3回は2週間づつ自動支払い。利息はかかりません。eコマースの商店側も売り上げが増え、割賦払いの様々な負担がないので、Win-Win-Winの関係となります。

BNPLは、クレジットカードのリボ払いと似て非なるものです。

クレジットカードのリボ払いは長い歴史があり、クレジットカード会社の高収益体制の基盤となってきました。消費者は高い利息と延滞手数料で疲弊し、また商店側も売り上げ増につながるものではありませんでした。

一方、BNPLはより柔軟で透明性があります。クレジットカードの高金利のリボ払いと異なり、通常は利息はかかりません。また支払い方法は、毎週・隔週・毎月などから自由に選択できます。また最大のポイントは、与信審査です。クレジットカードの与信審査は日数がかかりますが、BNPLでは、SNSの友人関係や、ウェブサイトの閲覧履歴、オンライン購買履歴などのソーシャルデータを活用してリアルタイムに審査を行い、数分で与信を行います。

BNPLのサービス提供企業は、貸し倒れのリスクをとる一方で、手数料を商店側(後述のアファームの場合、平均5.8%)から受け取ります。商店側は手数料を支払う代わりに、売り上げ増と、割賦払いによる様々な負担を軽減できます。

BNPLは、eコマースの環境の中で最も急速に成長する形態と見られており、2025年までに世界中で3,500億米ドル近くの取引に達すると予測されています。

目次に戻る

BNPLサービスを提供する企業

BNPLを手掛けるフィンテック企業として、米国では、サンフランシスコに本社をおくアファーム(Affirm Holdings, Inc.)が注目されています。同社は、ウクライナ生まれでペイパルを共同設立したマックス・レヴチンらによって2012年に設立、2021年1月にナスダックに上場したばかりです。

BNPLは、世界的に競争が激しくなっており、グローバルに多くの注目企業が生まれています。世界最大規模のスウェーデンのクラーナ(Klarna)、オーストラリアのアフターペイ(Afterpay)は、米国市場でもアファームに先行しています。

またペイバルはBNPLの「ペイイン4」サービスを開始、またアメックスも市場に参入しています。 東南アジアなどでもBNPLのスタートアップが生まれています。

なお、日本のネットプロテクションズという会社が、「BNPLカオスマップ2020」という世界中のBNPLをまとめた図を作られていますので、ダウンロード先をリンクさせていただきます。

データ元:https://corp.netprotections.com/wp/wp-content/uploads/2020/03/BNPL_chaosmap-1.pdf

目次に戻る

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました