IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
コラム

世界最大のデジタル銀行「Nubank:ヌーバンク」(南米最大フィンテックのバフェット銘柄)に注目しておこう。


Nubank Webサイト

世界最大のデジタル銀行「Nubank(ヌーバンク)」とは?

ブラジルのデジタルバンク「Nubank(ヌーバンク)」は、ラテンアメリカ最大のフィンテック企業の一つです。
2021年12月にNYSEに上場したばかりで、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが出資していることで知られています。

  • 2012年設立、本社はブラジル・サンパウロ、年会費なしのクレジットカード提供から事業を開始
  • 創設者は、コロンビア人でスタンドフォード大学出身のダビド・ベレス(David Vélez)氏
  • 2017年10月に、ヌーコンタ(NuConta)と称する金融取引口座の取扱いを開始
  • ラテンアメリカの銀行セクターは長い間、競争の欠如による非効率な銀行システムに直面してきたため、フィンテック企業にとってチャンスであるとされています。ブラジル、メキシコ、コロンビアのそれぞれで最大の5つの銀行が、すべてのローン、預金、および銀行全体の収益の70%から85%を管理しています。
  • ラテンアメリカの総人口は、6億5200万人(2020年12月31日現在)、そのうち銀行を利用できない人々は2億5000万人以上いるとみられています。「彼らはまさにマットレスの下に現金を置いている。(ベレス氏)」
  • 2021年6月、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが5億ドル出資、他にセコイアキャピタルやテンセントなどからも資金調達
  • 2021年12月9日にニューヨーク証券取引所に上場。IPO価格は9ドル

 

Nubankの概要を知るためには、下のYouTube動画を見るのが早いと思います。(字幕付きです。)


目次に戻る

Nubankの直近の決算の状況

Nubankの直近の決算の状況は、以下の通りです。

  • 2021年第4四半期(10~12月)の売上高は、前年同期比3.1倍の6.35億ドル。市場予想を1.5億ドル上回りました。
  • 2021年12期の売上高は、16.98億ドルで、18年12月期の3.18億ドルから4年で5倍以上成長しています。
  • 2021年12月期の当期利益は、1.6億ドルの赤字。黒字転換するのは23年12月期の見込みです。

    NUのSEC開示書類の一覧はこちら
    Yahoo Financeはこちら

2021年12月年度・2021年第4半期(2021年10~12月)の業績

以下は、NUの上場申請書類の中で記載された、TAM(Total Accessible Market:獲得可能な最大の市場規模)のグラフです。(単位は10億ドル、CAGRは年平均成長率です。)

現在の株価は、IPO後の過熱から落ちついていますが、それでも4月2日現在で、本源的価値から試算して約25%のOvervaluation(割高)とみる分析があります(参考記事)。
バフェット銘柄でもありますし、今後の4半期ごとの決算は常に注目しておくべき銘柄と考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました