IG証券
コラム

ロビンフッドがいよいよ上場申請書類を提出。ティッカーは「HOOD」

手数料無料オンライン証券のロビンフッドが、2021年7月1日、米SEC(証券取引員会)に上場申請書類を提出しました。

上場申請書類(フォームS-1:目論見書)は、SECのEDGARサイトで見ることができます。
EDGAR: Robinhood Markets, Inc.

重要な部分をご紹介します。
(クリックで拡大できます)

同社ではKey Metrics(重要な経営指標)として、「Funded Accounts(入金済み口座)の数」(トレード用資金を入金している口座数)を採用しています。

情報入手のためだけに同社に開設された口座を除いた、(リアルな)口座数を管理指標とするという意味ですね。

入金済み口座数の推移:
2019年末:5.1百万 → 2020年1Q末:7.2百万 → 2020年末:12.5百万 → 2021年1Q末:18百万に増加

収益(売上高)の推移:
年間収益:277百万ドル(2019年)から958百万ドル(2020年)に増加
第1四半期収益:127百万ドル(2019年1Q)から522百万ドル(2020年1Q)に増加

税引前利益(損失)の推移:
第1四半期税前損失:▲52百万ドル(2019年1Q)から▲1,433百万ドル(2020年1Q)に損失増加
(主因は、転換社債とワラントの公正価値の変動による償却1,492百万ドル)

入金済み口座数と収益は、順調に成長していますね。

調達予定額は1億ドルとなっています。市場はナスダックで、ティッカーは「HOOD」の予定です。
取引開始は、今月(7月)下旬の見込みです。

なお同社はIPOアクセス機能を通じて、同社の顧客に販売するためにIPOの株式の35%を確保している、と開示されています。

以上、ご参考になれば幸いです。

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました