IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

アマゾンがBNPLのアファームと提携。アファームは時間外で△35%の急騰

アマゾンがアファームのBNPLを実装

金曜日の取引終了後に、アマゾンがアファームのBNPLを実装、というビッグニュースが飛び込んできました。
金曜日のアフターマーケットで、アファーム株は△35%の急騰となっています。

 

BNPL事業を手掛ける上場したばかりのアファームが8月27日、アマゾンとの提携を発表しました。米国で一部顧客を対象にテストを始めており、数カ月以内に一般の顧客に広げる予定です。これによって、アマゾンで50ドル以上を購入した場合、クレジットカードを使わなくても分割払い(利息無し)が利用できるようにになります。

(元データ:アファームWebサイト)
Amazon Partners with Affirm to Deliver Pay-Over-Time Option at Checkout
2021-08-27

Affirm (NASDAQ: AFRM), the payment network that empowers consumers and helps merchants drive growth, today announced that its flexible payment solution will soon be available to Amazon.com customers at checkout. Amazon and Affirm are testing with select customers now, and in the coming months, Amazon plans to make Affirm more broadly available to its customers.

As a result of Amazon and Affirm’s partnership, select Amazon customers now have the option to split the total cost of purchases of $50 or more into simple monthly payments by using Affirm. Approved customers are shown the total cost of their purchase upfront and will never pay more than what they agree to at checkout. As always, when choosing Affirm, consumers will not be charged any late or hidden fees.

“By partnering with Amazon we’re bringing the transparency, predictability and affordability that Affirm provides today to the millions of people who shop on Amazon.com in the U.S.,” said Eric Morse, Senior Vice President of Sales at Affirm. “Offering Affirm’s alternative to credit cards also delivers more of the payment choice and flexibility consumers on Amazon want.”

サンフランシスコに本社を置くアファームは、BNPL(Buy Now Pay later)を手掛けるフィンテック企業です。同社は、ウクライナ生まれでペイパルを共同設立したマックス・レヴチンらによって2012年に設立、2021年1月にナスダックに上場したばかりです。

BNPLについては、先日、スクエアがオーストラリアのBNPL事業大手アフターペイ買収のニュースが出たばかりです。BNPLの動きについては、目が離せなくなってきました。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました