IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

「レバナス」暴落で、日本の金融リテラシーを考える特集(第1回)

はじめに

最近の米国株の急落で、いわゆる「レバナス」(ナスダック100株価指数の2倍(商品によっては3倍)の値動きになるETF)の暴落で損失を被った方が多いようですね。

当サイト(米国株.com)管理人としまして、このレバナスの件は日本の金融リテラシーについて考える絶好の機会と思い、特集で記事を書いていきたいと思います。

「レバナスの「2倍」(「3倍」)は、前日と比べて「2倍」(「3倍」)であるので、下落相場だけでなく横ばいの相場も不利であること」の理解が不足しているのではないか、という意見があります。
しかし、問題の本質は別のところにあるように思います。

この商品だけでなく、あらためて日本の金融リテラシーの何が問題なのでしょうか?

先に今回の特集の結論を書いておきます。

  • 長期投資として、ナスダック100のETF「QQQ(つまりレバレッジは1)」を、毎月の給料から少額ずつ、ドルコスト平均法で長い期間積み立てていくのは良いと思います。
  • 一方、短期トレードとしては、ナスダック100のCFD(レバレッジはレバナスよりずっと高い)についてきちんとチャートやトレードを勉強して、買いだけでなく、下落相場では売りからも入れるようにする。

この2つ、つまり長期投資と短期トレードをちゃんと切り分けるのが金融リテラシーの第1歩、だと思っています。
この認識があれば、レバナスには手を出さないと思います。

下落相場で、レバナスのような買いポジションを抱えて相場が戻るのを祈るのは最悪です。投資は、「祈ったら負け」です。

 

まずは、ナスダック100の足元(先週金曜の引け)のチャートは以下の通りです。重要な攻防ラインにさしかかっていますね。(クリックで拡大できます。)

目次に戻る

「レバナス」のリスクはどのように説明されているのか?

まず今回は第一回目として、商品の紹介内容を見てみたいと思います。

大和アセットマネジメント「iFreeレバレッジ NASDAQ100」 のウェブサイトには、以下のようにリスク説明がされています。

 

データ元:iFreeレバレッジ NASDAQ100(大和アセットマジメント)

それでは次回より、今回の「レバナス騒動」をめぐる日本の金融リテラシーについて考えていきたいと思います。

目次に戻る

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました