IG証券
ETFの紹介 コラム

S&P500を「S&P500グロース成分」と「S&P500バリュー成分」に分解してみよう

S&P500をグロースの成分とバリューの成分に分解して、セクター・ローテーションの動きを見てみよう

足元の米国株市場は上値の重い展開で、明日のCPI待ちといった感じですね。

さて、今回の記事では、S&P500株価指数を、グロースの成分とバリューの成分に分解して、足元の相場をあらためてみてみたいと思います。

  • S&P500株価指数の構成銘柄のうち、グロース株で構成される代表的なETFとして、ブラックロックの「IVW」(ベンチマークは、S&P500 Growth Index)
  • 同様に、バリュー株で構成される代表的ETFとして、同じくブラックロックの「IVE」(ベンチマークは、S&P500 Value Index)

なお、IVWの保有銘柄数は239銘柄、IVEの保有銘柄数は449銘柄あります。S&P500構成銘柄を単純にどちらかに分けているものではありません。

以上2つのETFを、S&P500株価指数(ETFとしてVOOを使用)と比較したものが、以下のチャートです。基点は2021年年初からで、直近の約13カ月間の相対パフォーマンスを示しています。
緑色のラインがIVW、赤いラインがIVEです。(クリックで拡大できます。)

想像通り、今年年初からの下落相場において、S&P500のバリュー成分「IVE」は、それほど下げてないですね。
2021年年初からの13カ月間でみると、以下のような「セクター・ローテーション」の動きがわかります。

  • 2021年の序盤はバリューのIVEがアウトパフォーム
  • 2021の中盤から終盤まではグロースのIVWがアウトパフォーム
  • そして直近はバリューのIVEがアウトパフォームしています。

なおS&P500株価指数のバリュー株成分は、ボラティリティが相対的に低く、S&P500株価指数全体の安定性に寄与している、とも言えそうです。

一方、長期的なパフォーマンス(2011年以降)を比較すると、下のような状況です。長期的にはグロースのIVWが(ボラティリティが高いものの)圧倒的にアウトパフォームしていますね。


目次に戻る

グロースETF「IVW」とバリューETF「IVE」の構成銘柄と分配金利回りをみてみよう

それでは、上記で比較したグロースETF「IVW」とバリューETF「IVE」の、構成銘柄と分配金利回りをみてみましょう。

iShares S&P 500 Growth ETF | IVW

運用会社:ブラックロック

2021年2月4日時点
ベンチマーク:S&P500 Growth Index
手数料:0.18%
分配金利回り:0.51%(2022年1月31日時点)
銘柄数:239銘柄
上位構成銘柄:

  • AAPL APPLE INC 13.89%
  • MSFT MICROSOFT CORP 11.87%
  • AMZN AMAZON COM INC 7.11%
  • GOOGL ALPHABET INC CLASS A 4.45%
  • GOOG ALPHABET INC CLASS C 4.13%
  • TSLA TESLA INC 3.88%
  • NVDA NVIDIA CORP 3.14%
  • FB META PLATFORMS INC 2.90%
  • HD HOME DEPOT INC 1.49%
  • ADBE ADOBE INC 1.26%

目次に戻る

iShares S&P 500 Value ETF | IVE

運用会社:ブラックロック

2021年2月4日時点
ベンチマーク:S&P500 Value Index
手数料:0.18%
分配金利回り:1.84%(2022年1月31日時点)
銘柄数:449銘柄
上位構成銘柄:

  • BRKB BERKSHIRE HATHAWAY INC CLASS B 3.06%
  • JNJ JOHNSON & JOHNSON 2.40%
  • PG PROCTER & GAMBLE 2.07%
  • XOM EXXON MOBIL CORP 1.83%
  • UNH UNITEDHEALTH GROUP INC 1.40%
  • CVX CHEVRON CORP 1.39%
  • DIS WALT DISNEY 1.37%
  • JPM JPMORGAN CHASE & CO 1.29%
  • KO COCA-COLA 1.26%
  • CMCSA COMCAST CORP CLASS A 1.19%

目次に戻る

参考:IVW vs QQQ

なおご参考に、上記のS&P500指数グロースETF「IVW」を、ナスダック100指数に連動する「QQQ」とパフォーマンス比較すると、以下のような感じです。
QQQが長期的にアウトパフォームしていますね。QQQは100銘柄であるのに対して、IVWは239銘柄あってより分散されたETF、ということですね。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました