IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 ZTS:Zoetis Inc.(ゾエティス)

動物好き・ペット好きな方には興味深い銘柄です。ゾエティスは、動物用の医薬品、ワクチン及び診断検査などを手掛けている会社で、もとはファイザーの動物医薬部門がスピンアウトして、その後に新規上場した会社です。メディカル銘柄でかつ、成長性があるといわれるペット関連市場の銘柄でもあります。M&Aで関連事業を買収してきており、業績は堅調です。日本法人のサイトがあるので、リンクしておきます。
競合のIDXX(アイデックス・ラボラトリーズ)については、こちらの記事をご参照ください。
米国株「競合銘柄の比較」特集 ゾエティス vs アイデックス
ゾエティスとアイデックスは、高成長のペット医療関連の2大銘柄 この記事は、米国株「競合銘柄の比較」特集の一環で書いています。 ペット関連市場は、グローバルに高成長が予測されている有望な市場です。その中で「チューイ」などのEコマース関連の...

米国株「ペット関連銘柄」特集
有望な成長市場として期待される「ペット関連市場」 このサイトに来て頂いた方の中でも、多くの方がペットを飼われていると思います。 最近は「ペットノミクス」という用語が聞かれるようになってきました。ペット関連市場は、一般のペットフードや玩具...

 


業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2021年7月31日

配当の状況
n/a

Wikipedia(日本語)
na

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました