IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
ETFの紹介 コラム

米国株「ペット関連銘柄」特集

有望な成長市場として期待される「ペット関連市場」

このサイトに来て頂いた方の中でも、多くの方がペットを飼われていると思います。

最近は「ペットノミクス」という用語が聞かれるようになってきました。ペット関連市場は、一般のペットフードや玩具、高級新鮮でヘルシーなペットフード、ペット関連商品のオンライン販売、グルーミング、ペットホテル、ペットの医療や診断、ペットの保険など幅広い分野にまたがっており、成長が期待される分野です。

米国では、7割の世帯でペットが飼われており(下記参照)、これは子供を持つ世帯よりも大きい値です。飼い主は、ペットに高級なペットフードを与え、贅沢なサービスを受けさせ、医療や保険にも入っています。

APPA(American Pet Products Association)の調査では、米国のペット産業消費額は、2019年は$753.8億ドルで、消費額は調査開始の1990年代から不況の時期も含めて毎年コンスタントに伸び続けています。

グローバルのペット飼育率

調査会社GfKの2016年の調査(引用元はこちら)では、米国では70%の家庭で何らかのペットが飼われています。(最も多いのは中南米で80%、アジア圏は少ない方で、日本は37%です。)

日本の市場よりも、米国のペット関連市場はずっと大きい、ということですね。


(画像の引用元:GfK)

ペット関連のETF:PAWZ

ペット関連のETFとして、PAWZ(ProShares Pet Care ETF)を紹介します。2020年1月~2020年12月17日までの直近約12カ月の推移は、以下の通りです。青がPAWZ、参考にオレンジ色がS&P500、緑色がナスダック100を表示しています。(クリックで拡大できます。)最終更新日:2020年12月18日

NASDAQ100指数よりもアウトパフォームしていますので、かなり優秀なETFですね。

PAWZ(ProShares Pet Care ETF)

 


運用会社:ProShares
Yahoo Finance

純資産 143.06M
純経費率 0.50%
設定日 2018-11-05

保有銘柄上位10位 (2020年12月17日)
CHEWY INC – CLASS A (CHWY) 14.27%
FRESHPET INC (FRPT) 9.50%
IDEXX LABORATORIES INC (IDXX) 9.45%
ZOETIS INC (ZTS) 8.81%
DECHRA PHARMACEUTICALS PLC (DPH) 6.59%
TRUPANION INC (TRUP) 5.35%
COVETRUS INC (CVET) 4.47%
PETS AT HOME GROUP PLC (PETS) 4.27%
NESTLE SA-REG (NESN) 3.99%
MERCK & CO. INC. (MRK) 3.98%

Pawは動物の足という意味ですね。

目次に戻る

ペット関連の個別銘柄

上記のETF「PAWZ」の上位で組み入れられている「CHWY:チューイ」と「FRPT:フレッシュペット」と「ZTS:ゾエティス」「IDXX:アイデックス・ラボラトリーズ」については、個別の記事がありますので、以下のリンクからご覧いただければと思います。

銘柄解説 CHWY:Chewy, Inc.(チューイ)
フロリダ州ダニアビーチに本社を置くチューイは、2011年設立、ペット関連商品のEコマース事業を展開している会社です。同社は2017年に、当時Eコマースの買収規模として最大の33億ドルでPetSmart(ペットスマート...

銘柄解説 FRPT:Freshpet Inc.(フレッシュペット)
フレッシュペットは、ペットフードののEコマース事業を展開している会社です。同業のチューイは、幅広い動物用の幅広いアイテムを取り揃えているのに対して、フレッシュペットは、ドッグフードとキャットフードに絞り、且つ高級・新...

銘柄解説 ZTS:Zoetis Inc.(ゾエティス)
動物好き・ペット好きな方には興味深い銘柄です。ゾエティスは、動物用の医薬品、ワクチン及び診断検査などを手掛けている会社で、もとはファイザーの動物医薬部門がスピンアウトして、その後に新規上場した会社です。メディカル銘柄...

銘柄解説 IDXX:IDEXX Laboratories Inc.(アイデックス・ラボラトリーズ)
メイン州に本社を置くアイデックス・ラボラトリーズは、1983年設立、動物医療診断・動物用医療機器の世界的企業で、世界175か国以上の顧客に製品を提供しています。 競合として同じS&P500構成銘柄で、もとフ...


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました