IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

配当株投資は、「オプション取引」を加えることで実質の利回りをアップできる

はじめに

この記事は、前回の記事より始めたオプション取引特集の2回目です。

別の記事で、

『配当株投資では、配当利回りだけに固執せずに、多少割高でも品質が高く財務体質の良いクオリティ株の中から、長期の配当成長率が高い銘柄に長期投資することが基本であると思います。
また、(IB証券等に口座がある方は)別記事で紹介するオプション取引(カバード・コール、現金確保プット売り)を併用することで、実質的な利回りを上昇させることができます。』

と書きました。

この考え方は、米国の個人投資家の間では一般的なもので、特に特別なものではありません。
この記事では、この「カバード・コール」と「現金確保プット売り」をまとめておきたいと思います。

目次に戻る

「カバード・コール」とは?

カバード・コールは、オプション取引の最も基本的・初歩的なもので、米国の証券会社では現物を買うと「カバード・コールにしておきますか?」といわれるくらいに当り前だそうです。

カバード・コールとは、「現物株の買いに、コールオプションの売りを加える」戦略です。

オプションの売りは損失が無限大なのに、なぜそれが最も基本的な手法なのか?と思われるかもしれません。ポイントは、「現物の買い」と組み合わせるという点です。

カバードコールの損益図を下に掲載します。
株の現物の損益は、「Stock」という細いラインです。コールオプションの売りの損益は、「Call (Sell)」という別の細い線です。結果的に「カバード・コール」の損益は、この2つの細い線を合わせた太い線となります。

株価が上記の「B点」まで上昇すると、それ以上株価が上昇しても、カバード・コールの損益は変わりません。つまりそれ以上の株価上昇の利益を放棄することを意味します。(上昇相場では機会損失が発生する可能性があります。ただし例えば、もともと上図のB点で利益確定売りするつもりだったのであれば、機会損失は発生しません。)

一方、その「B点」より株価が下にある場合、現物株だけの損益よりも、オプションの売りによる受取プレミアム分だけ、常に損益が常に改善されていることがわかりますね。また株価が大きく下がって損切りするとしても、損切りラインを下にずらす(たとえば上図のC点からD点)ことができます。

つまりカバードコールは、一定の水準以下で株価が推移する場合に、パフォーマンスが良くなります。長期所有を前提にした配当株投資でこの戦略を長期的に継続すると、配当金の受け取りによる利回りに、オプションの受け取りプレミアムが上乗せされて、長期的な実質利回りがアップする可能性があります。

この場合、オプションの満期日の数日前の時点での株価の水準によって、以下の様にフォローの作業を続けます。(詳しくは参考書籍をご覧ください。

  • 株価が権利行使価格より大きく下がっているとき :ローリング・ダウン・アンド・アウト(既存のコールを買い戻して、満期日が翌月以降で権利行使価格が現在の株価より下のコールを売り建て)
  • 株価が権利行使価格より高いとき:ローリング・アップ・アンド・アウト(既存のコールを買い戻して、満期日が翌月以降で権利行使価格が現在の株価より上のコールを売り建て)
  • 株価が権利行使価格より少しだけ下がっ ているとき:ローリング・アップ・アンド・アウト、またはローリング・アウト(既存のコールを買い戻して、満期日が翌月以降で既存コールと同じ権利行使価格のコールを売り建て)

目次に戻る

「現金確保プット売り」とは?

次に「現金確保プット売り」をご紹介します。
これは、プットオプションが行使されてその株を取得することを前提に、あらかじめ現金を確保した上で、プットオプションを売る、という戦略です。

すぐにピンとこられるかも知れませんが、現金確保プット売りは結局、「現物株の指値買い」と似ています

つまりこの戦略は、もともと買いたい株であることが大前提です。
その株を現在の価格(上図の点A)で成行買いする代わりに、権利行使価格が現在より下の価格(上図の点B)のプットオプションを売ることで、まずプレミアムを受け取れる上に、うまく株価が下落すると権利行使価格でこの株を取得することになります。

なお株価が下がらなければ、プレミアムの受け取りだけで現物の取得は無し、です。
また、指値買いは必ずB点まで下がると購入できますが、プットの売りの場合は一旦B点まで下落してもその後株価が回復して現物を取得し損なう、という可能性があります。(もともと買いたい株なので、再度トライすれば良いだけです。)

いずれにしても、もともと買いたい株を安く買えるか、買いそびれてプレミアムを受けとるかなので、リスクはとても低いわけです。
伝説の投資家ウォーレン・バフェット氏も、この「現金確保プット売り」戦略をとっているとのことです。

以上、配当株投資では、まず株の取得の際に「現金確保プット売り」戦略によって、プット売りのプレミアムを受け取るとともに安く現物株を取得し、その後は「カバード・コール」戦略をとることでコール売りのプレミアムを受け取りながらローリング・アウト等のフォローを続けることで、さらに実質の利回りをアップできる可能性がある、ということをご紹介しました。

なおオプション取引は、上記のような安全な手法が基本です。くれぐれも、裸でオプションを売るといった自己流の危険な手法はやらないでください。

ご参考になれば幸いです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました