IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

FOMCの経済予測やドット・チャートは、3・6・9・12月の会合でしか公表されない

はじめに

今週は注目のFOMCがありますね。

市場では、今回(11月)のFOMCでは、4会合連続となる0.75%の大幅利上げとの見方が確実視されています。一方で、今回のFOMCでは、12月の次回会合で金融引き締めペースを緩めるかどうかを協議すると一部で報じられており、FRBの政策転換「Fed Pivot」に関する何らかの言及があるかが注目されています。

先週金曜日の米国株市場の急騰は、「Fed Pivot」に期待した買いとも見られます。

一方、FRBの政策転換に関して材料がなく失望すれば、「金利高・株安・ドル高」に巻き戻されるかも知れませんね。

目次に戻る

FOMCの経済予測やドット・チャートは、3・6・9・12月の会合でしか公表されない

今回のFOMCでの注意点は、FOMCメンバーによる最新の経済見通しや、メンバーが適切と考える「政策金利水準の分布図(ドット・チャート)」は公表されない、という点です。

FOMCの経済予測やドット・チャートは、3・6・9・12月の会合でしか公表されません。

以下の表は、FOMCのWebサイトに掲載されている今年のスケジュールです。(赤い丸は、ドット・チャートを含む経済予測のPDFのダウンロード・リンクです。)
データ元:FOMC

今回は経済予測やドット・チャートの公表がないのに、次回FOMCの利上げ幅について、市場が期待するような言及があるのでしょうかね?
慎重になっておいた方が良いでしょうね。
なお12月のFOMCは、12月13日~14日に開催される予定です。

ちなみに、FOMCは年間で「8回」(約6週間ずつ)開催されます。何で「8回」なのかというと、上記のように「3・6・9・12」と4半期毎に経済予測が出されるタイミングで開催され、さらにその間に追加の4回が開催されることで、全部で「8回」、となっています。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました