IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

ジャクソンホール会議がオンラインに急遽変更されたこと自体が、FRBの「ハト派的」メッセージ

ジャクソンホール会議は急遽オンラインに変更

当初26~28日に予定されていた市場注目の「ジャクソンホール会議(Jackson Hole Economic Policy Symposium)」は、27日の1日だけでオンライン開催に変更、と主催者のカンザスシティー連銀が発表しました。ジャクソンホール会議がオンライン開催になるのは2年連続です。

データ元:Kansas City Fed to host Economic Policy Symposium online
(カンザスシティー連銀、2021年8月20日)

“Due to the recently elevated COVID-19 health risk level in Teton County, Wyo., the Federal Reserve Bank of Kansas City will host its 2021 Economic Policy Symposium, “Macroeconomic Policy in an Uneven Economy,” virtually on Friday, Aug. 27.
While we are disappointed that health conditions will prevent us from being able to gather in person at the Jackson Lake Lodge this year as we had planned, the safety of our guests and the Teton County community is our priority,” said Esther George, president and CEO of the Kansas City Fed.”

カンザスシティー連銀のジョージ総裁は、「(新型コロナ・デルタ株拡大によって)公衆衛生上のリスクが高まっている状況により、対面形式でジャクソン・レイク・ロッジに集うことができないのは残念だが、会議参加者とティトン地域住民の安全を最優先する。」と述べました。

Federal Reserve Chairman Jerome Powell’s remarks will be livestreamed to the public at 9 a.m. CT/10 a.m. ET on Aug. 27 via the Kansas City Fed’s YouTube channel at External Link: www.youtube.com/KansasCityFed. Invited attendees will participate in an online academic symposium following the speech.

パウエル議長の講演は、27日の東部時間午前10時から、上記Youtubeチャンネルで視聴できます。

ジャクソンホール会議は、毎年8月に世界の中央銀行総裁らが集う経済シンポジウムで、中央銀行総裁の発言内容に市場の注目が集まります。

目次に戻る

FRBはデルタ株の拡大による影響を注視

今回、ジャクソンホール会議開催の直前にオンライン開催に変更されたこと自体が、デルタ株による経済全般への影響を従来は重大視していなかったFRBの方針転換を示唆している、と見られています。(参考:バロンズ記事、Why the Federal Reserve Canceling Its In-Person Jackson Hole Retreat Matters)

先日公開されたFOMC議事録(7月27日~28日開催分)では、多くの出席者が、年内のテーパリング(量的緩和ペースの縮小)開始が妥当、との意見でしたが、デルタ株の感染拡大で不透明感が生じてきています。((
FOMC議事録を(英文リーディング練習を兼ねて)読んでみよう
はじめに 昨日2021年8月18日、(日本時間では本日19日早朝の午前3時)に、7月27日~28日開催分のFOMC(米連邦公開市場委員会)の議事録が公開されましたね。 テーパリング(量的緩和策の縮小)の開始時期について、参加者の大半...

「今年10月にでもテーパリングを開始すべき」と発言していたタカ派のダラス地区連銀カプラン総裁も、20日、デルタ株が経済に与える影響を注視しており、経済成長が大幅に鈍化するようであれば、金融政策に関する自身の見解を「多少」調整することもあり得る、という考えを示しています。(Bloomberg

また、ゴールドマン・サックスは19日、「デルタ株による成長やインフレへの影響はわれわれの想定より幾分大きい」として、今年の米経済成長見通しを6.4%から6%に下方修正しました。

今週は、ジャクソンホール会議を前にして株式市場は様子見かと思います。

(余談)
2年前のジャクソンホール会議では、(追加利下げに言及しなかった)パウエル議長の講演をトランプ大統領が痛烈に批判。「FRBは相変わらず何もしていない!」とし、「パウエル議長と習近平国家主席のどちらが米国に対するより大きな敵なのか」とツイートしました。

このツイート、わずか2年前ですが、2年の間に世界は大きく変わりましたね。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました