IG証券
コラム

TSMCの米国アリゾナ新工場関連の記事まとめ(随時更新)

米中の覇権争い、及び米国の半導体生態系・サプライチェーン上重要な意味を持つTSMCの米国新工場

このページは、半導体受託製造(ファウンドリ)世界最大手の台湾TSMC(TSM:Taiwan Semiconductor Manufacturing Company, Ltd.)の、米国アリゾナ州の新工場に関するニュースのまとめを、米国株「半導体関連銘柄特集」の一環として行うものです。

アップルやAMD、NVIDIA、クアルコムなど米国のファブレス形態の主要な半導体メーカーは、TSMC無しでは最先端のチップを生産できず、TSMCに大きく依存しています。また、同アリゾナ工場は、米軍基地や(ファブレス化に事業転換するか市場が注目する)インテルの施設にも近く、米国の半導体業界の生態系やサプライチェーンに大きく影響を与えることが予想されます。

一方TSMCにとっては、従来からの顧客は米国の半導体メーカーだけでなく、以前から中国国内に2つの工場があり、ファーウェイは重要顧客の一つでした。ところが米中貿易摩擦の激化により、米国によるファーウェイ向け制裁に従うこととなった時期に、水面下で米国工場新設の交渉を進めており、米中台の国際関係に影響を与えるきわめて重要な経営上の意思決定を行ったことになります。

ということで、TSMCの動向は、米国株の半導体セクターへの投資では常にウォッチしておく必要があります。特にこの新工場の件については、随時このページでアップデートしていきたいと思います。

TSMCの米国新工場とは
TSMCの米国新工場は、米中の貿易摩擦が激化するなか、半導体をめぐる国家の覇権争い、米国半導体業界のサプライチェーンにおける国家安全保障上の懸念に対処する切り札として、トランプ政権が誘致を成功させたもので、投資額は120億ドルの大型プロジェクトです。
新工場の概要
工場建設場所:米国アリゾナ州フェニックス
事業内容:米国内の顧客向けに、5ナノメートルの12インチチップを製造
工場建設スタート:2021年
生産スタート:2024年の予定
新会社資本金:35億米ドル(TSMCが米国において完全所有子会社を設立)

関連記事まとめ(随時更新)

 

2020年11月:米国アリゾナ州フェニックスの市議会が、TSMCの工場設立計画を全会一致で可決
Phoenix okays development deal with TSMC for $12 billion chip factory

2020年11月18日、アリゾナ州フェニックス市議会は、TSMCの当工場設立計画を9対0の満場一致で可決。ケイト・ガジェゴ・フェニックス市長は、「アリゾナが高度な製造業のリーダーになるために、政府の多方面の支援が大成功を収めた」と述べた。可決に基づき、TSMCは新工場を建設し、5年間で段階的に導入される1,900人の新しいフルタイムの雇用を創出。建設は2021年初頭に開始され、生産開始は2024年を予定する。見返りとして、フェニックス市は3マイルの道路を6,100万ドルで建設、水道インフラの改善に3,700万ドル、廃水改善に1億700万ドルを計上。TSMCは米国で半導体チップを製造するための追加費用を賄うために、米国連邦政府の助成金も期待している。世界の最新鋭半導体の殆どは、米国の軍事機器で使用されているものを含め、台湾で製造されており、米国と中国の間の緊張が高まるにつれて懸念の原因となっている。

 

2020年12月:台湾経済部が、TSMCの当工場設立計画を承認
Taiwan approves TSMC chip plant in Arizona

2020年12月22日、台湾政府は、米国アリゾナ州でTSMCが計画した半導体工場を承認。これは、台湾企業による直近8年間で最大の海外投資となる。計画されている5ナノメートルの12インチチッププラントの操業準備のために、TSMCは12月にTSMCアリゾナコーポレーションを資本金3000万ドルで設立し、34億7000万ドルの増資を申請、総投資額は約35億米ドルで、高性能半導体に対する北米市場での強い需要を満たす。同社は、上海、南京工場に続いて、TSMCが台湾国外で完全所有する3番目の子会社となる。TSMCは、このプロジェクトが5年間で約1,900人の雇用を創出すると見込んでいる。この投資は、「半導体業界のサプライチェーンにおける国家安全保障上の懸念に対処するために、ハイテク製造業を米国に移転させる」というトランプ政権の努力に応えて決定されたものである。過去5年間、TSMCの顧客のほとんどは米国企業であり、フェニックス工場は、両国がより包括的な半導体サプライチェーンを確立し、グローバル展開を促進することに貢献する。なお工場建設期間中も、TSMCは資本支出の97%を台湾で費やし、同社は来年台湾で7,000人の新入社員を採用予定である。

 

2020年12月:TSMC、米国新工場の採用活動開始。第1陣として300人を派遣
https://36kr.jp/

TSMCが米国で20年ぶりとなる工場建設のため、大規模な採用活動を開始した。初期段階ではエンジニアや責任者を含む600人以上の人員を投入するという。TSMCの劉徳音(Mark Liu)会長は、2021年からアリゾナ州で工場建設を開始し、工場の円滑な運営を支援するため、まずは研究開発と5nmプロセスでのチップ製造経験を有する従業員及び管理職あわせて300人以上を派遣すると発表した。消息筋によると、米国側はすでにTSMCに対し充分な就労ビザを発給することに同意しているという。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました