IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

米国株「半導体関連銘柄」特集(4)半導体の製造工程で分類してみよう

はじめに

このシリーズ記事では、米国株の半導体関連銘柄をまとめています。

米国株に初めて投資される方は、半導体に関連する銘柄がとても多いので最初はわかりづらいと思います。今回は、半導体製造装置メーカーの銘柄を、半導体の製造プロセスごとに分類してみようと思います。

半導体製造プロセスと、各工程でシェアの大きい銘柄

まず、半導体製造プロセスを視覚的にまとめた優良なサイトとして、以下の2つをリンクしておきたいと思います。

上記の資料を基に、半導体製造プロセスと、各工程でシェアの大きい銘柄をまとめたものが、以下の表です。

最も注目すべき工程は、「露光」(リソグラフィ)という工程です。
EUV露光装置」という最新鋭の露光装置は、ASMLが市場シェア100%です。

米国の主要なファブレスの半導体企業はファウンドリのTSMC無しでは半導体が作れず、また、TSMCは露光装置のASML無しでは最新の半導体は作れないという構図を理解すると、業界全体が見えてきます。

工程
大区分
工程
小区分
内容銘柄
前半工程回路設計・パターン設計専用のコンピュータ言語を使って回路図を設計します。
フォトマスク作成フォトマスクは、ICのパターンをウェーハに焼付けするための写真のネガに相当します。
ウェーハ製造シリコン単結晶(インゴット)を切断、研磨、酸化させます。
成膜ウェーハに酸化膜をつけます。
塗布フォトレジストという感光材をウェーハの表面に塗布します。東京エレクトロン
露光マスクを介して露光を行い、パターンを焼きつけます。ASML
(米国株.com記事)
現像現像して感光したレジストを定着させます。 東京エレクトロン
エッチング部分的に酸化膜を除去します。LAMリサーチ
(米国株.com記事)
洗浄不要なレジストを取り除きます。SCREENホールディングス
酸化・拡散・CVD・イオン注入ウェーハに、必要なイオンを打ち込んで素子をつくります。アプライドマテリアルズ
(米国株.com記事)
平坦化(CMP)ウェーハ表面を研磨し、パターンの凹凸を平坦化します。アプライドマテリアルズ
(米国株.com記事)
電極形成ウェーハの表面に電極配線用のアルミ金属膜を作ります。
検査ウェーハを検査します。KLAテンコール
(米国株.com記事)
後半工程組み立てウェーハをチップに切断、チップをリードフレームに固定、リードフレームとチップを金線で接合、セラミックや樹脂パッケージに全体を封入、フレームを切断・リードを成型します。
検査温度電圧試験、電気的特性検査、外観構造検査などを行います。KLAテンコール
(米国株.com記事)
マーキングレーザーで製品表面に印字します。

日本企業のシェアは、半導体製造メーカーとしてはとても少なくなりましたが、上記の通り、半導体製造装置メーカーとしては工程によって大きいシェアを占めています(2019年、製造工程全体でトップ15社のうち、日本企業は8社を占めています。)

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました