IG証券
コラム

オランダのシリコンバレー「アイントホーフェン」ってどんなところ?

アイントホーフェンとは?

この記事は、「米国株半導体関連銘柄特集」のシリーズの一環として書いています。

米国株投資を始めると、「ASML」と「NXP」という2つのオランダの半導体大手企業が気になってきます。2社ともに、とても良い銘柄です。そこでこの2社の本拠地はどんなところか、まとめてみたいと思います。

アイントホーフェンは、「人口当たりの特許出願件数が世界一(OECD調べ)」で、オランダのシリコンバレーと呼ばれています。

サッカー好きな方は、アイントホーフェンといえば、2019~2020年に堂安律選手がプレーしたチーム「PSVアイントホーフェン」を連想するでしょうね。(堂安選手は今季はドイツにレンタル移籍中です。)
PSVアイントホーフェンの本拠地スタジアムの名前は、「フィリップス・スタディオン」。大手電機メーカーのフィリップスが所有するスタジアムです。

アイントホーフェン(Eindhoven)は、オランダ南部のオランダ第5位の人口を擁する都市です。アイントホーフェンは、1891年に、フィリップスがこの地で創業したことで、関連企業とともに発展を遂げました。(なお、現在フィリップスの本社機能はアムステルダムに移転しています。)

目次に戻る

ASML・NXPとフィリップスの関係

SOX指数の記事のなかで、SOX指数の構成銘柄には米国企業ではない企業が3社(ASML、NXP、TSMC)含まれていることを紹介しました。その3社のうち、露光装置世界トップのASMLと、車載用半導体世界トップのNXPセミコンダクターズ(以下NXP)はオランダの企業で、ともにこの地域に本社があります。NXPはアイントホーフェンに本社を置き、一方ASMLは、正確にはフェルトホーフェンというすぐ隣の街(アイントホーフェンの郊外で、空港は同じ)に本社があります。

ASMLとNXPはともにフィリップスと深い関係があります。ASMLは、1984年にフィリップスとASMインターナショナルという会社が50%ずつ出資して設立されました。一方、NXPは、2006年にフィリップスが半導体事業部門を、KKRをはじめとする投資会社グループに売却したのちに設立された会社です。

なおフィリップスは、大規模な事業ポートフォリオの再構築・分社化を実施して、現在はヘルスケア事業主体の会社になっています。

目次に戻る

ブレインポート・HTCはオープンイノベーションの中核

オランダ政府は、2000年代にフィリップスなどの大企業が相次いで大規模な事業再構築、分社化、人員削減を実施したことを受けて、人材を囲い入れるためのハイテクキャンパスとビジネスの組み合わせである「ブレインポート地区(Brainport Region Eindhoven)」を設置しました。

その地区の一部であるHTC(High Tech Campus Eindhoven)には、フィリップス、インテル、IBM、ASMLをはじめ世界の160社の研究拠点が集積しており、オープンイノベーションを推進するクラスターになっています。

Brainport Eindhoven – introduction

ブレインポートのWebサイト

日本企業ではシマノの欧州本社や、富士フイルムの欧州研究拠点があります。ブレインポート地区は現在、エアポートアムステルダム、シーポートロッテルダムと並ぶオランダ経済の3本柱に成長しています。

目次に戻る

オランダは圧倒的に起業しやすい

オランダは、様々な起業支援プログラムや税制優遇で、世界一起業しやすい国と言われています。(起業だけでなく移住もしやすい国です。)

下にアイントホーフェンの企業誘致用の動画を掲載しておきます。

Living and working in Eindhoven

Living and working in Eindhoven

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました