IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

米国最大の仮想通貨取引所コインベース、いよいよ明日(14日)上場

コインベース、いよいよ明日(14日)上場

米国最大の仮想通貨取引所「コインベース」の上場が、いよいよ明日4月14日(水)に迫りました。
ティッカーシンボル「COIN」として、ナスダックで取引が始まります。

ビットコイン相場(1時間足チャート)は、現在以下のような感じです。コインベースの上場に合わせるかのように、最高値を更新してきました。(クリックで拡大できます。)

コインベースの役割の重要性からみたバリュエーション

直近のバロンズが「コインベース効果」についての特集記事を出しています。
The ‘Coinbase Effect’ Shows the Company’s Importance, and How It Could Diminish(バロンズ,2021-04-11)

以下に抜粋して紹介します。

  • 米国最大の仮想通貨取引所であるコインベースは、「ゲートキーパー」として、何千もの仮想通貨のうち一握りのどの通貨が成功し、それ以外のほとんどが失敗することを決定づける「コインベース効果」を果たしてきています。
  • 「コインベース効果」は、S&PダウジョーンズインデックスがS&P500に特定銘柄を組み入れる役割と似ています。しかし、株式とは異なり、ほとんどの仮想通貨は当局の規制を受けていないため、S&Pの影響よりも間違いなく重要です。 「コインベース効果」は、この分野に参入する起業家だけでなく、投資家にとってもきわめて重要です。
  • この「コインベース効果」が仮想通貨市場にとってどれほど重要であるかは、コインベースが(2020年の収益13億ドルと比較して)1,000億ドル以上の価値があると評価される根拠となっています。
  • ただし、各国の規制当局がより多くの規制ガイダンスを提供し、他の仮想通貨取引所の規制レベルやコンプライアンスレベルが高くなるにつれて、「コインベース効果」は今後減少する可能性があり、上場後にコインベースの株価がどのように変化していくかを、注目すべきです。

 

証券取引所の株式と同様に、仮想通貨取引所の株式のバリュエーションの考え方について、参考になる記事だと思います。
さて、明日の上場と、今後のビットコイン相場はどのようになるでしょうか。

目次に戻る

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました