IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
コラム

ビットコイン、30,000ドル割れをトライ中

下は、ビットコイン(ドル建)の4時間足チャートです。主な節目に水平線(青)を引いています。足元の重要なサポートは、30,000ドル近辺ですね(一番下の青線です。)

(クリックで拡大できます。)
最近はエルサルバドルの法定通貨化のニュースや、イーロン・マスク氏が「採掘者によるクリーンネルギーの使用が50%程度に確認された場合は、テスラ車売買に関してビットコイン取引を再開する」とツイートしたことで、30,000ドル割れを4回ほど回避してきましたが、 中国当局がマイニングに対する取り締まりを強化、新たに(石炭火力ではなく主に水力発電である)四川省でもマイニングプロジェクトの閉鎖を命じたことが嫌気されています。

30,000ドルを割り込むか、に注目ですね。
過去の記事でも書いてきましたが、クジラはずっと上で全部売っているし、機関投資家ももういないと思います。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました