IG証券
コラム

ビットコインは復活するか?(マスク氏が絶妙のタイミングでツイート)

ビットコインが40,000ドルまで戻してきましたね。

ビットコインが上昇すると、当サイト米国株.comはアクセス数が急増します。
特にこのページ→

さて、日々の相場分析に使っているビットコイン1時間足チャートを、あらためて眺めてみます。
(クリックで拡大できます。)

5月の下落相場のあと、20日移動平均(赤い太線)に2回はね返されて3回目に上抜け、最近はエルサルバドルの法定通貨化のニュースがあって、そして先週週末にマスク氏が絶妙のタイミングで「採掘者によるクリーンネルギーの使用が50%程度(※)に確認された場合は、テスラ車売買に関してビットコイン取引を再開する」とツイートしたことで、日柄調整終了・レンジ上抜けの可能性が出てきましたね。

短期・中期・長期の移動平均線が順番に並ぶ「パーフェクト・オーダー」というチャート形状です。

まずは、43,000ドルのレジスタンス、次は47,000ドルのレジスタンスですね。急落後の上昇相場は、「やれやれ売り」が次々と出てきますので、普通は簡単には上昇しないですね。

また、以前の急落時の記事にも書きましたが、「クジラはもういない」と思います。

※なお、バロンズの予測によると、採掘者によるクリーンネルギーの使用が50%に達するのは、これから2年後くらいだそうです(笑)

目次に戻る

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました