IG証券
ETFの紹介 コラム

ブロックチェーンETF「BLOK」が(ITハイテク株が下げても)好調な理由は、カナダの国策と関係している

ブロックチェーンETF「BLOK」とは?

BLOKの推移

BLOKを、ARKK・ナスダック100・S&P500と、2020年年初より相対比較してみました

足元の米国株市場では、IT・ハイテク株が売られており、ナスダックやARKKは調整相場となっていますが、BLOKは堅調に推移していますね。
これはなぜでしょうか?

(クリックで拡大できます。)

目次に戻る

BLOKの構成銘柄別の推移

BLOKの構成銘柄の上位10銘柄(2021年3月19日時点)を、2020年年初より相対比較してみました。(クリックで拡大できます。)

VOYAGER DIGITAL(VYGR:カナダ):△10,935%
HIVE BLOCKCHAIN TECHNOLOGIES(HIVE:カナダ):△5,111%
RIOT BLOCKCHAIN INC(RIOT):△4,871%
ARGO BLOCKCHAIN PL (ARB:英国):△4,018%
MARATHON DIGITAL HOLDINGS INC COM MARA(MARA):△4,000%
GALAXY DIGITAL HOLDINGS LTD (GLXY:カナダ):△2,550%

目次に戻る

ブロックチェーン先導国家としてのカナダに注目

BLOKの上位保有銘柄は、以上のように25倍~109倍の株価に高騰しています。カナダ企業が目立ちますね。
特に100倍以上になっているVoyagerは、配車サービス大手Uberの共同設立者やモバイルアプリ開発者をはじめ、証券業界のベテランを含む起業家グループにより設立された仮想通貨ブローカーサービスの企業で、2019年にカナダで上場したばかりです。
銘柄解説 VYGR.CN:Voyager Digital Ltd.(ボイジャー・デジタル)
カナダのボイジャー・デジタル(2020年7月にVoyager Digital (Canada) Ltd. からVoyager Digital Ltd.に社名変更)は、米国子会社のVoyager Digital Hol...

カナダでは、国を挙げてブロックチェーンエコシステムの構築に取り組んでおり、ブロックチェーン技術の多様な産業への活用を目指して70を超えるリサーチプロジェクトがあります。また中央銀行であるカナダ銀行は、政府発行の仮想通貨の可能性を探っています。カナダがブロックチェーン技術の革新で先導的な理由としては、有利なマイニング環境、規制の柔軟性、優遇措置が組み込まれた税制のほか、イーサリアム考案者のヴィタリック・ブテリン氏が、トロント育ちであることも関係しています。

BLOKを取り扱う国内の証券会社

BLOKのETF自体を取り扱う国内証券はありませんが、BLOKのETFのCFDは、国内では唯一「IG証券」で取り扱っています↓。
CFDの場合は、売りからも入れますし、レバレッジも効くのでおすすめです。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】

IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました