IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
コラム

FXで今もっとも注目の通貨ペアは、「ユーロポンド」

はじめに

当サイト「米国株.com」は、米国株・米国ETFが中心ですが、「グローバル分散投資」をテーマに、FX、各国株価指数、商品、仮想通貨などの記事も書いていますので、よろしくお願いいたします。

FXで今もっとも注目の通貨ペアは、「ユーロポンド」

為替市場で、足元でもっともトレンドが出ているのは、(ドル円とともに)ユーロポンドです。

株だけやっている方はピンとこないかもしれませんが、欧州通貨ペアのユーロポンドは、欧州市場では主役の通貨ペアです。ポンド円とかNZ円などのクロス円よりは、はるかにメジャーな通貨ペアです。

ユーロポンドはトレンドが続きやすい通貨ペアです。

まず、1時間足は以下のような感じです。。
英国は昨年年末で「合意なき離脱」を免れてEUから離脱しました。さらに今年になってからはワクチン接種が早く進展、PMIなどの経済指標も改善してきています。一方欧州は感染再拡大、再ロックダウン、ワクチン接種の遅れなど悪材料が続いており、その結果ユーロポンドは2021年年明けから、一方的な下落トレンドが続いています。(なおポンドは対ドルでは弱いです。ユーロとポンドという組み合わせが、絶妙なトレンドになっています。)

ここで、足元のポイントは、対ポンドでユーロが反転するか?です。

参考に、より重要な日足の長期チャートをみてみます。赤い垂直線は、2016年6月23日のブレグジット国民投票です。国民投票の日を境に、ユーロポンドは一段ポンド安のレベルに移行した後に、長期のレンジを形成していることがわかります。レンジの下限は2本のサポートラインが引けます。今の水準は、そのうち上側のライン(0.853)を少し下抜けしたところです。下側のラインは0.828、その幅は250ピップスあります。

さて、反転するか、もう一段下のサポートまでさらに下落するか、です。
ユーロポンド、とても興味深い通貨ペアですね。

国民投票の前は、ポンドはとても強い通貨でした。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました