IG証券
ETFの紹介 コラム

ARKXの構成銘柄をめぐる疑問「ジョン・ディアが火星を耕す??」

ARKXの構成銘柄の上位にディアが組み入れられている

ARK Investの新しいETF「ARKX」が、先日(2021年3月30日)から取引開始されています。

当サイトでも別記事「ARKの宇宙関連ETF「ARKX」、本日(3月30日)取引開始」で、構成銘柄などをご紹介しました。

そのなかで疑問に思われた方もいると思うのですが、宇宙探査をテーマとするETFである「ARKX」の構成銘柄の上位(13位)に、世界最大の農業機械メーカーであるディア(通称ジョン・ディア)が入っています。

Twitterでも話題になっています。↓

バロンズでもこの件が記事になっています。
John Deere and Workhorse Are in a New Space ETF. Why That’s Not so Far Out There.

宇宙産業と次世代の農業

実は宇宙産業と次世代の農業は、とても関連性が高いと考えられています。

バロンズでは、自動運転トラクターがGPSなどの宇宙技術に依存していることや、ディアが農業用ドローンアプリケーションのリーダーであること、また次世代の農業技術として農家が収穫量を増やすために土壌水分を測定するための衛星を使用する例などを挙げています。

またディアは2017年に、機械学習を農業に適用するテック企業を買収しており、宇宙から得られる情報を基に農薬や除草剤などの使用を最適化したりする革新なども考えられそうです。

ARKXは、長い目でじっくり分析したいETFですね。

ARKのETFは、IG証券がおすすめです。↓

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】

IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました