自動運転技術のオールスター軍団オーロラ(Aurora)と、トラック大手パッカー(Paccar)が提携

自動運転トラックの実用化が間近か

自動運転の技術開発を手掛けるスタートアップ企業「オーロラ(Aurora)」と、トラック製造大手の「パッカー(Paccar)」が、2021年1月19日に業務提携のニュースを発表したので、以下にまとめておきたいと思います。

大型トラックによる高速道路走行のような商用物流の自動運転は、一般乗用車の市街地走行の自動運転よりも、安定した需要を喚起できる可能性が高いので、とても期待できるニュースですね。
なお、ARK InvestのETF「ARKK」は、少しずつパッカー株を買い増しています。(2021年1月25日現在、ウエイト0.22%で50位です。)

オーロラ(Aurora)とは

オーロラ(Aurora)は、クリス・アームソン、スターリング・アンダーソン、ドリュー・バグネルという自動運転技術の著名人3人が2016年に設立したスタートアップ企業です。

クリス・アームソンは、2016年までグーグルの自動運転部門の最高技術責任者、スターリング・アンダーソンは、テスラのオートパイロットシステムの開発責任者、ドリュー・バグネルは、(自動運転システム開発部門をAuroraに譲渡した)Uberで、自動運転開発部隊のリーダーでした。

同社は、自動運転技術開発のオールスター軍団と呼ばれています。

詳しくは、オーロラのWebサイトに行ってみてください。(https://aurora.tech/
ブログなどもあって、日々の研究開発の様子がうかがえます。

パッカー(Paccar)とは

オーロラとパッカーの業務提携

パッカー社のサイトでは、両社の業務提携のニュースが、リリースされています。
PACCAR and Aurora Form Strategic Partnership to Develop Autonomous Trucks

リリースの概要は、以下の通りです。

『2021年1月19日、パッカーとオーロラは、自動運転型のトラックを開発、テスト、商品化するためのグローバルな戦略的合意に達しました。このコラボレーションにより、パッカーの自動運転車プラットフォームがオーロラドライバーと統合され、パッカーの顧客の安全性と運用効率が向上します。

戦略的パートナーシップにおいて、パッカーは、数十年にわたる卓越したエンジニアリング等から生まれた、業界をリードする品質、耐久性、信頼性を備えた自律型車両を提供します。 オーロラは、ハードウェア、ソフトウェア、運用サービスなど、業界をリードする自動運転テクノロジーを提供します。両パートナーは、コンポーネントの調達や車両技術から、車両とオーロラドライバーの統合に至るまで、コラボレーションのあらゆる側面で緊密に協力します。このパートナーシップには、パッカーのテクニカルセンターでの車両検証と、パッカー工場での生産サポートも含まれます。

このコラボレーションの目標は、パッカーの顧客の貨物効率と安全性を向上させることです。オーロラドライバーを利用したパッカーのトラックは、今後数年間で北米に配備される予定です。』

ARK Investの今週のニュースレターでは、両社の提携について、以下のようにコメントしています。

パッカーとの業務提携によって、オーロラの自動運転システムは、おそらくテスラを除く他のほとんどのトラックメーカーよりも、より現実的なシナリオで高度化できる可能性があります。両社によって完全に統合された自動運転車は、外部委託された自動運転システムと製造されたトラックの組み合わせよりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮する可能性があります。
ARKの調査によると、運輸業界は自動運転型EVプラットフォームへの移行によって劇的に統合されます。 自動運転型EVトラックが貨物輸送コストを1トンマイルあたり12セントから約3セントに引き下げ、輸送価格を引き下げ、既存鉄道事業の継続性を危険にさらす可能性があると推定しています。

コラム
スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱


【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄16種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ

モトリーフール
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました