IG証券

ROAとROE

BS(貸借対照表)とPL(損益計算書)の両方を使用して収益性を測定する考え方は、「投下した資本に対して、いくらのリターンを獲得したか」というものです。
この考え方の指標には、大別して「ROA」(Return On Assets:総資本利益率)と「ROE」(Reurn On Equity:自己資本利益率)の二つがあります。

  • 「ROA」は、投下した総資本(営業用の資産+金融資産)が分母で、対応するリターン(営業収益+金融収益[持分法投資損益を含める。支払利息は含めない。])が分子。
  • 「ROE」は、親会社からみた株主資本(少数株主持分等を除いたもの)が分母で、親会社からみた当期純利益(少数株主損益を控除したもの)が分子

というのが基本であると思います。

簡便計算では;
ROA = 当期純利益 / 総資産
ROE = 当期純利益 / 株主資本
のケースが多いと思います。

実務では、計算する目的によって、分母と分子に使う概念にバラつきがあるので、(自分で計算せずに)公表されているものは、株式投資ではあくまで参考程度にした方が無難です。自分で、複数の企業を同じ考え方でそろえて比較してみるのはいいですが。

持分法投資損益が大きい業種(たとえば日本の商社)や、支払利息や少数株主持分等が大きい場合は、とくに注意です。

★企業がROEを経営指標にするのは別にいいですが、個人投資家に対して「ROEに注目して投資しよう」と煽る記事には少し抵抗があります。ROEが高い銘柄は、一般に割高なところまで買われています。株式投資では、今の株価が「割安」か「割高」なのかを分析することがより重要です。(いくら収益力が高い優良会社の株でも、割高なら「今」買うべきではないです)



【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、英FT100、独DAX30、ユーロ50
GMOクリック証券CFDGMOクリック証券
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
商品:20倍、株式CFD:5倍
手数料無料
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、上海A50、インドNifty、英FT100、独DAX30、ユーロ50、香港H
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました