IG証券

小売売上高とは?

米国は、個人消費がGDP(国内総生産)の約7割を占める消費大国であることから、米国の個人消費のトレンドを知ることは、米国の景気の良し悪しを予測する上で重要視されます。米国の個人消費の動向を知る上で重要な指標が、「小売売上高(速報値:Advance Monthly Retail Trade Report)」です。小売売上高は、米国商務省センサス局(米国国勢調査局:The United States Census Bureau)によって、原則として翌月第9営業日NY時間午前8時半(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)に、前月分の速報値が公表されます。

HP_RetailSales
米国商務省センサス局HP「Monthly & Annual Retail Trade」

百貨店やスーパー等の小売・サービス業の月間売上高について、約5,000件のサンプル調査を基にして推計します。
耐久財と非耐久財に大別されます。中でも自動車販売・同部品は比重が大きく、個人消費の動向を確認する上でも重要視されていますが、振れ幅も大きいため、自動車売上高を除いた小売売上高も注目されます
一般に、前月比で増加すると個人消費は堅調、減少すると個人消費が落ち込んでいる、と判断されます。また、年末のクリスマス商戦の結果として、1月発表の数値は注目度が高まります。
天候や季節要因で変動し、また速報値からの改訂で大きく変動することもあるため、数ヶ月単位のトレンドで見たり、また消費者信頼感指数等の他の指標との連動を見ると効果的です。

  • 2013年2月の小売売上高「Retail & food services, total」(前月比)+1.1%
  • 2013年2月の小売売上高(除自動車)「Retail & food services, excl. motor vehicle & parts」(前月比)+1.0%



【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、英FT100、独DAX30、ユーロ50
GMOクリック証券CFDGMOクリック証券
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
商品:20倍、株式CFD:5倍
手数料無料
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、上海A50、インドNifty、英FT100、独DAX30、ユーロ50、香港H
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました