IG証券
コラム

日経平均25,000割れ、世界的にも際立つ日本株の弱さ。株価が最も強いのはあの国。

世界の株価指数の2022年年初来比較

昨日は、米国と英国がロシア産原油の輸入禁止を発表、原油価格の高騰やスタグフレーションの懸念が強まっていますね。

さて、本日は趣向をかえて、世界の株価を比較してみたいと思います。
以下のチャートは、世界各国の株価指数の2022年年初からのパフォーマンスを相対比較したものです。

(クリックで拡大できます。)

パフォーマンスの良い順に並べると、以下の通りです。

  • ブラジルボベスパ
  • ジャカルタ総合
  • フィリピン総合
  • タイSET
  • ベトナムVN
  • 英FT100
  • 豪AU200
  • 台湾加権
  • インドSENSEX
  • 上海総合
  • ダウ30
  • KOSPI
  • 香港ハンセン
  • S&P500
  • ラッセル2000
  • 日経平均
  • ユーロ50
  • ドイツDAX40
  • ナスダック100

欧州株やナスダックが弱いのは分かりますが、日経平均はそれらに次いで悪いパフォーマンスです。
日本株は、なんでこんなに弱いのでしょうか??

ブラジルボベスパとジャカルタ(インドネシア)総合指数は、年初来プラスで推移していますね。

ブラジル株が最も強いのは、穀物等のコモディティ価格急騰の影響がうかがえます。
東南アジア各国の株価が総じて強いのも興味深いですね。コロナで低迷中の経済の復活を先取りしているのでしょうか。

以上ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました