IG証券
コラム

「長期金利が上昇すると、IT・ハイテク株が下落する」という理屈は、あてにならない。

(昨日のナスダックは反発しましたが)
ここのところ長期金利が急上昇すると、IT・ハイテク株は、「将来収益を現在価値に割り引くキャッシュフローモデルの割引率が上がるので、現在の株価のバリュエーションが下がる」という理屈で売られてきましたね。

でもその理屈は、あてにならないと思います。
下のチャートは2016年からの約5年間の、米10年債利回り(青:目盛りは右)と、ナスダック100指数(赤:目盛りは左)の比較です。利回りが3%台まで上がろうがその後下がろうが、ナスダック100指数はずっと上昇しています。

株価は、理論はあっても、結局は需給で決まる、ということではないかと思います。

ここのところのIT・ハイテク株の下げは、昨年買われすぎたので、「長期金利の(急)上昇」が利益確定売りの格好のネタというか材料になっただけではないでしょうか。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました