「アフターコロナの2021年」最高パフォーマンスは、どのセクターになるだろう?

2021年の成長率は8%超えか?特にアウトパフォームしそうなセクターは?

今週のBarron’sに、2021年「アフターコロナ」の投資戦略についての記事が掲載されています。
引用元:”As Covid Wanes, the U.S. Economy Could Soar. What That Means for Investors.” (Barron’s)

同記事のなかで、モルガンスタンレーは『2021年は8.1%の成長を予想(FRBの予測は4.2%)、また米10年債の利回りは年末までに2%に達するだろう』と、強気の予測をしています。

こうしたエコノミストの強気の成長予測を背景に、今年のセクター別の利益成長予想について、バロンズ誌は以下のような表を掲載しています。

セクター2021年の利益成長予測昨年末以降の修正予想PER
コミュニケーションサービス13.5%△5.3%24.0
一般消費材49.2%▼0.3%28.2
生活必需品5.9%△0.5%20.1
エネルギーN/A△47.7%30.0
金融24.1%△9.7%15.3
ヘルスケア13.1%△2.3%16.0
資本財94.5%▼3.7%26.2
情報技術17.7%△6.0%26.0
素材33.5%△8.4%20.7
不動産2.8%△0.5%20.8
ユーティリティ3.9%▼0.2%18.3
S&P50024.7%△4.6%20.4

 

特に、一般消費財、資本財(インダストリアル)、素材、金融、エネルギーの5つのセクターが有望そうです。

目次に戻る

一般消費財、資本財、素材、金融、エネルギーの代表的ETFの比較

参考として、上記の5セクターについて、代表的なETF5つを比較してみました。

  • XLY: The Consumer Discretionary Select Sector SPDR Fund(紫色)
  • XLI:The Industrial Select Sector SPDR Fund(赤色)
  • XLB: The Materials Select Sector SPDR Fund(オレンジ色)
  • XLF: The Financial Select Sector SPDR Fund(水色)
  • XLE: The Energy Select Sector SPDR Fund(緑色)

2021年の最高パフォーマンスは、どのセクターになるでしょう?エネルギーセクターが足元で急騰していますが、一般消費財、資本財、素材もよさそうです。

【足もとの2021年年初以降のチャート】

 【コロナ前の2020年年初からのチャート】

【2011年からの長期チャート】

以下、個別に5つのETFを紹介します。運用会社はすべてState Street、純資産額等のデータはYahoo Financeより取得しています(閲覧日:2021年3月14日)

目次に戻る

XLY: The Consumer Discretionary Select Sector SPDR Fund


米国株の一般消費財(Consumer Discretionary)セクターは範囲が広いので、XLYには、ナイキ、スターバックス、マクドナルド、ホームデポなどのほかに、アマゾンやテスラといったIT・ハイテク株も含まれています。

純資産:18.78B
分配金利回り:0.82%
年初来リターン:3.37%
ベータ値(5年間月次):1.13
純経費率:0.12%
開始日:1998-12-16

保有上位10銘柄 (総資産の68.83%)
Amazon.com Inc AMZN 21.79%
Tesla Inc TSLA 14.98%
The Home Depot Inc HD 8.13%
McDonald’s Corp MCD 4.50%
Nike Inc B NKE 4.22%
Starbucks Corp SBUX 3.78%
Lowe’s Companies Inc LOW 3.49%
Booking Holdings Inc BKNG 2.84%
Target Corp TGT 2.74%
TJX Companies Inc TJX 2.36%

目次に戻る

XLI:The Industrial Select Sector SPDR Fund


XLIの構成銘柄はわかりやすいですね。「世界景気のバロメータ」とよばれるキャタピラーなどが含まれています。

純資産:16.73B
分配金利回り:1.52%
年初来リターン:7.76%
ベータ値(5年間月次):1.23
純経費率:0.12%
開始日:1998-12-16

保有上位10銘柄 (総資産の41.59%)
Honeywell International Inc HON 5.21%
Union Pacific Corp UNP 5.09%
Caterpillar Inc CAT 4.30%
United Parcel Service Inc Class B UPS 4.14%
Boeing Co BA 4.12%
General Electric Co GE 4.03%
Deere & Co DE 4.01%
Raytheon Technologies Corp RTX 4.01%
3M Co MMM 3.70%
Lockheed Martin Corp LMT 2.98%

目次に戻る

XLB: The Materials Select Sector SPDR Fund


素材セクターは消費者になじみがない銘柄が多いですが、研究の余地が大きいです。なお保有第1位のリンデは、産業用ガスの世界第1位の会社です。

純資産:6.8B
分配金利回り:1.69%
年初来リターン:8.43%
ベータ値(5年間月次):1.10
純経費率:0.12%
開始日:1998-12-16

保有上位10銘柄 (総資産の62.76%)
Linde PLC LIN.L 15.14%
Air Products & Chemicals Inc APD 6.67%
Sherwin-Williams Co SHW 6.57%
Ecolab Inc ECL 6.14%
Freeport-McMoRan Inc FCX 5.87%
Newmont Corp NEM 5.16%
Dow Inc DOW 4.73%
DuPont de Nemours Inc DD 4.45%
International Flavors & Fragrances Inc IFF 4.02%
Corteva Inc CTVA 4.01%

目次に戻る

XLF: The Financial Select Sector SPDR Fund


XLFは、一般的な金融機関だけでなく、(バフェット氏の)バークシャーハサウェイが最上位に組み込まれていますね。

純資産:34.38B
分配金利回り:1.85%
年初来リターン:16.74%
ベータ値(5年間月次):1.25
純経費率:0.12%
開始日:1998-12-16

保有上位10銘柄 (総資産の54.49%)
Berkshire Hathaway Inc Class B BRK.B 12.94%
JPMorgan Chase & Co JPM 12.40%
Bank of America Corp BAC 7.30%
Wells Fargo & Co WFC 4.13%
Citigroup Inc C 3.79%
Morgan Stanley MS 3.19%
Goldman Sachs Group Inc GS 3.04%
BlackRock Inc BLK 2.72%
Charles Schwab Corp SCHW 2.54%
American Express Co AXP 2.44%

目次に戻る

XLE: The Energy Select Sector SPDR Fund


XLEは、やはり分配金利回りがダントツ高いですね。

純資産:20.45B
分配金利回り:4.42%
年初来リターン:41.04%
ベータ値(5年間月次):1.93
純経費率:0.12%
開始日:1998-12-16

保有上位10銘柄 (総資産の78.26%)
Exxon Mobil Corp XOM 24.09%
Chevron Corp CVX 21.00%
ConocoPhillips COP 5.75%
Schlumberger Ltd SLB 4.47%
EOG Resources Inc EOG 4.33%
Phillips 66 PSX 4.17%
Marathon Petroleum Corp MPC 4.09%
Valero Energy Corp VLO 3.61%
Pioneer Natural Resources Co PXD 3.46%
Kinder Morgan Inc Class P KMI 3.29%

目次に戻る

ETFの紹介 コラム
スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱


【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄16種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ

モトリーフール
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました