IG証券
コラム

米国株「長期右肩上がり銘柄」(勝手に選ぶベスト3)

はじめに

今回の記事では、「長期右肩上がり」の米国株を、当サイトが勝手に選んでみたいと思います。
あまり有名ではない銘柄ばかりですが、株価が長期的に上昇中だけあって、とても優良な銘柄ばかりです。

これらの銘柄に共通している特徴は、以下の通りです;

  • ニッチな事業領域で、圧倒的なシェアを確保している
  • 財務体質が良好である
  • S&P500構成銘柄であるが、個人投資家にあまり人気のある銘柄ではない

目次に戻る

米国株「長期右肩上がり銘柄」(勝手に選ぶベスト3)

以下のすべての株価チャートは、2022年1月14日(金)引け時点のものです。

トラクターサプライ(TSCO)

テネシー州ブレントウッドに本社を置くトラクター・サプライは、1938年設立、「農村部のライフスタイル小売業者」というユニークで他に類を見ないニッチ市場で成長を続ける企業です。農家、牧場主をはじめおよび農村部のライフスタイルを楽しむ人々のニーズを対象に、独自のサービスを提供しており、家畜やペットの餌、工具、農耕用品、農業機械、作業着や作業靴、芝生や園芸用品などを扱っており、2021年3月現在、49州で1,944店舗と、eコマース・サイトを運営しています。

TSCOのビジネスモデルのユニークさは、S&P500の中で際立っていると思います。これから独立や副業を考えている方は、ぜひ参考にされると良いと思います。

(クリックで拡大できます。)

銘柄解説 TSCO:Tractor Supply Company(トラクター・サプライ)
テネシー州ブレントウッドに本社を置くトラクター・サプライは、1938年設立、「農村部のライフスタイル小売業者」というユニークで他に類を見ないニッチ市場で成長を続ける企業です。農家、牧場主をはじめおよび農村部のライフス...

アンフェノール(APH)

コネチカット州ウォリングフォードに本社を置くアンフェノールは、1932年設立、インターコネクト製品(相互接続、コネクター)世界最大手の老舗企業です。M&Aを繰り返して成長しており、全世界100以上の拠点で、電気および光ファイバコネクタ、同軸コネクタ、アンテナ、センサ、ケーブルなどを設計、製造、販売しています。同社の顧客は、軍事航空宇宙、産業、自動車、情報技術、携帯電話、無線インフラ、ブロードバンド、医療、音響など、さまざまな分野にわたっています。

「コネクター」の世界首位の会社です。アンフェノールの「MIL規格」のコネクターは3万品種以上あります。

これも超優良なビジネスモデルだと思います。

(クリックで拡大できます。)

銘柄解説 APH:Amphenol Corporation(アンフェノール・コーポレーション)
コネチカット州ウォリングフォードに本社を置くアンフェノールは、1932年設立、インターコネクト製品(相互接続、コネクター)世界最大手の老舗企業です。M&Aを繰り返して成長しており、全世界100以上の拠点で、電...

シノプシス(SNPS)

カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置くシノプシスは、1986年設立のEDAツール最大手のベンダーです。EDA(Electronic Design Automation)とは、半導体、電子機器などの設計作業を自動化し支援するための設計ツール(ソフトウェア・ハードウェア)をいいます。同社は、EDAツールベンダーの売上高トップ3(シノプシス、ケイデンス・デザイン、メンターグラフィクス(シーメンス・デジタル・インダストリーズ・ソフトウェアによって買収))の、首位に位置しています。

「EDA」の世界シェア首位の会社です。半導体分野をはじめ、EDAの重要性はますます重要になると考えます。

(クリックで拡大できます。)


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました