IG証券
コラム

スーパーボールをめぐる米国株のアノマリー

スーパーボールは米国最強のコンテンツ

明日7日(日曜、日本時間は月曜日の朝)に、米国NFLの優勝決定戦「スーパーボール」がありますね。今年の試合は以下の通りです。

  • タンパベイ・バッカニアーズ(NFC王者) vs カンザスシティ・チーフス(AFC王者)
  • 開催場所:レイモンド・ジェームス・スタジアム(フロリダ州タンパ)
  • 2021年2月7日18時30分(EST) キックオフ
  • 今年の観客はソーシャルディスタンス仕様

スーパーボールがどれだけすごいコンテンツかというと;

  • 名実ともにアメリカ最大の祭典
  • 毎年米国のテレビ番組で年間最高視聴率を記録
  • 200以上の国と地域でテレビ中継
  • 年間で感謝祭に次いで2番目に多く食糧が消費される
  • 1日あたりのブランド価値試算は、夏季五輪やFIFAワールドカップを超える
  • ハーフタイムショーのエンターテインメントも有名

日本でもこういうコンテンツがあるといいんですけどね~
最近の日本シリーズとか、まったく盛り上がりませんよね。

スーパーボールをめぐる米国株のアノマリー

実は、米国株ではこのスーパーボールをめぐって結構有名なアノマリーがあります。それは;

NFCのチームが勝てば、その年の米国株相場は上昇する
AFCのチームが勝てば、その年の米国株相場は下落する

というものです。

これについてBarron’sは、以下の通り分析しています。
(引用元:Barron’s Daily 2021-02-05)

スーパーボールは過去に54回開催されており、そのうち27回はNFCのチームが優勝、また別の27回はAFCのチームが優勝(ちょうど五分五分の成績)

・NFCのチームが優勝した年のS&P500の平均リターンは、約12%
・AFCのチームが優勝した年のS&P500の平均リターンは、約9%

しかし、スーパーボウルの開催された年の80%でS&P500は上昇しており、そのうち、
・NFCチームが勝った年の85%でS&P500は上昇
・AFCチームが勝った年の75%でS&P500は上昇

この平均から5%の変動は、「想定内のランダムな変動」にすぎない。

株価が上昇する確率では、両者にほとんど差はない。」ということで、単なる迷信であると結論づけています。

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました