IG証券
コラム

テスラのチャート:三尊(ヘッドアンドショルダー)ネックライン割れ後のテクニカル分析

テスラ、三尊(ヘッドアンドショルダー)ネックライン割れ

その後、昨晩(月曜日)あっさりとネックラインを割ってきたので、今後について分析してみたいと思います。

テスラ株の今後の値動きについて

テスラ株は、過剰流動性相場、上海工場の稼働、S&P500への組み入れ、ビットコイン関連の材料などもあって、昨年3月の70ドル台から、1年足らずで、押し目らしい押し目をつくらずに900ドルまで歴史的な高騰になりました。

一方昨晩の急落の背景には、三尊(ヘッドアンドショルダー)のネックライン割れによるストップロスを巻きこんだテクニカル的要因のほかに;

米長期金利の急上昇による、IT・ハイテクセクターから景気循環株への資金シフト
上海工場につづくベルリン新工場、オースティン新工場の稼働に対する不透明な要素
ビットコイン相場の急落
などが背景にあると考えますが、この記事では、シンプルにチャートをテクニカルに分析してみたいと思います

余計なオシレータは使わずに、移動平均線、重要な水平線、フィボナッチのみで分析してみます。

下はテスラの日足のチャートです。前回安値と最高値の間で、フィボナッチ・リトレースメントを描画しています。昨日は、三尊のネックライン割れから、フィボナッチの0.382(700ドルあたり)に接近するまで急落しています。最高値900ドルからの下落率は、約20%です。


高値更新が続いている間は需給が良いですが、急落すると利益確定が増えて上値が重くなるため、節目まで下落したあとにレンジ相場になって日柄調整をこなす、というのが教科書的回答かと思います。

フィボナッチの0.382(700ドル近辺)で止まるかもしれませんが、もし、長期金利の上昇・ナスダックの悪い地合い・ビットコインの下落が続くとすると;

  • 半値:640ドル
  • フィボナッチの0.618:578ドル
  • 前回高値:500ドル

あたりがサポートになると考えます。歴史的な高騰の後ですので、調整が長引けば、200日移動平均(上のオレンジのライン)まで考慮する必要があるかもしれないと考えます。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました