IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
コラム

テスラのチャートは、「三尊」(ヘッド&ショルダー)で重要な局面にさしかかっている

今週はテスラの値動きに注目

昨年3月の70ドル台から、1年足らずで、900ドルまで上昇してきたテスラ株ですが、ここ1か月間は「三尊(ヘッド&ショルダー)」とよばれるチャート形状になっており、重要なチャートポイントにさしかかっています。

(クリックで拡大できます。)

三尊(ヘッド&ショルダー)とは

三尊(ヘッド&ショルダー)のチャートパターンは、以下のような形状です。

三尊(ヘッド&ショルダー)は、ネックラインと呼ばれるサポートラインの下に、ロスカット(損切り)の注文が集中するので、需給の歪みによって価格が大きく変動する典型的な「チャートポイント」の一つです。この形状では、一般にケース1のように(ロスカットを巻き込んだ)下落パターンになることが多いというのが教科書的回答ですが、逆にケース2のように、三尊がダマシとなって上昇トレンドに戻ることもあります。

個別株のチャートでは、FXや株価指数のようなテクニカル分析があまり効かないことが多いです。ただし、テスラの場合は、世界中の投資家が見ているチャートなので、今週の動きは要注目です。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました