IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
ETFの紹介 コラム

ビットコイン先物ETFが米国初上場。今後SECは、ビットコイン現物ETFも承認するのか?

(2021年10月23日追記)
2番目・3番目のビットコイン先物ETFの状況
10月22日にヴァルキリーの「Valkyrie Bitcoin Strategy ETF:BTF)がナスダックにて取引開始されました。また、米国2例目の承認となったヴァンエックの「Bitcoin Strategy ETF:XBTF」は、早ければ25日からシカゴ・オプション取引所(CBOE)が運営するBZX取引所で取引開始予定、となっています。

米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が上場

先日の記事で紹介した米国初のビットコイン先物ETF「ProShares Bitcoin Strategy ETF(ティッカー:BITO)」は、予想通り昨日10月19日、NYSEアーカ取引所で取引が始まりましたね。

ProSharesのBITOサイトはこちらです。

ETFになったことで、ビットコインが株式同様に手軽に分散投資したり売買できるので、より身近で便利になりますね。

現在ビットコインの現物価格は64,000ドル近辺で推移しています。

今回のビットコインETFのポイントは、対象がビットコインの現物でなく、CME(シカゴマーカンタイル取引所)に上場しているビットコインの先物である、という点です。

先日の記事で紹介したように、先物を対象とするETFの場合は、先物契約固有の追加コストのデメリットがあります。これは、先物の期近物の価格が期先物より低い「コンタンゴ」の状況であるとき、期限切れの契約を新しい契約にロールオーバーする際に、(安く売って高く買うことによる)コストが投資家に課されるためです。

この点で、ビットコイン先物ETFは、長期保有よりも短期売買に適していますね。

目次に戻る

今後SECは、ビットコイン現物ETFも承認するのか?

では今後、米国SECは、今回のビットコイン先物ETFに続いて、ビットコイン現物ETFを承認していくでしょうか?

ちなみにカナダでは既に、現物のビットコインやイーサリアムのETFが複数承認されています。

そもそも、SECがビットコイン先物のETFを承認した背景として;
ビットコインの先物は、CME(シカゴマーカンタイル取引所)に上場しているために価格や決済など取引全体が規制当局によって適切に管理されており、また流動性も確保されています。よって、そのビットコインの先物を対象とするETFも、(承認作業に年数はかかったものの)SECとしては承認が現実的に可能だった、とみられます。

一方、ビットコインの現物はどうでしょうか?
ビットコインの現物の場合、先物契約固有の追加コストのデメリットは無いですが、適切な価格かどうか(プライシング)という問題、売りたいときにすぐ売れるかという流動性の問題、また最大の問題としてピットコインの現物の保管(カスタディー)の問題があります。

ビットコインの現物ETFをめぐるこれらの多くの要素をすべてクリアして、SECが近い将来にビットコインの現物ETFを承認するかどうかは、現時点では不明とみられます。

ご参考に、上記のビットコイン先物ETF「BITO」の運用会社ProSharesのCEOであるMichael Sapir氏が、バロンズのインタビューに対して、以下の様にコメントしています。

(バロンズのインタビュワー)
Given your experience with this, do you think that there’s going to be a spot Bitcoin ETF available sometime in the next year?

あなたの経験を踏まえて、来年のどこかのタイミングで、ビットコイン現物ETFがSECに承認されると思いますか?

(ProShares CEO Michael Sapir氏)
As you know, the SEC has expressed concern on spot Bitcoin ETFs over valuation, liquidity, and custody. And this fund BITO addressed those concerns. If the industry can come up with answers to those concerns that satisfy the regulators, you would think that they could go forward. But this isn’t the first rodeo for trying to get a spot Bitcoin ETF to come to market, and the regulators have consistently had concerns over those. So is it possible? Sure. But I wouldn’t put odds on it. There’s a lot of factors here.

ご存知のように、SECは、ビットコイン現物ETFについて、評価、流動性、および保管(カスタディー)の点で懸念を表明しています。そのため、当社(ProShares)のETF「BITO」は、SECのそれらの懸念に対応してビットコイン先物ETFとすることで承認されました。
もし仮想通貨業界が、SECのこれらの懸念に対する解答を備えることができれば、ビットコイン現物ETFに対するSECの承認作業は前進するでしょう。しかし、これはビットコイン現物ETFの最初の申請だけではなく、SECはこれまで一貫してそれらについて懸念を持ち続けています。将来的に承認されることは可能ですか?と聞かれれば、YESでしょう。しかし、YESの確率は分かりません。多くの懸念要素があるからです。

(引用元:ProShares CEO Says His Bitcoin ETF Has an ‘Enormous Advantage、バロンズ)

以上ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました