IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
コラム

フェイスブックが社名変更か?その目的は?

フェイスブックが社名変更を計画中

2021年10月19日、技術系ニュースサイトのザ・ヴァージ(The Verge)が、「フェイスブックが来週、社名変更を計画中」という記事を公開、これについて各社が一斉に報道していますね。

元のニュースはこちらです。

ザ・ヴァージの記事を要約すると、以下のような内容です。

  • フェイスブックに直接関与する関係筋の情報として、フェイスブックは来週、「メタバース(巨大仮想現実空間)」の構築に注力するために社名変更を計画中です。
  • マーク・ザッカーバーグCEOが、10月28日に開催予定の年次開発者会議「Connect」で社名変更について語る予定ですが、それよりも早く発表される可能性もあります。
  • 全社ブランドの変更によって、ソーシャルメディアで知られるフェイスブックが、インスタグラム、ワッツアップ、オキュラスなどのグループを統括する親会社の下にある多くの製品の1つとして位置付けられる可能性があります。 フェイスブックの広報担当者は、この件についてコメントを拒否しました。
  • フェイスブックではすでに1万人以上の従業員がVR・AR事業に従事しており、ザッカーバーグ氏はVRが最終的にはスマホと同様のユビキタスになると信じています。 今年7月、同氏はザ・ヴァージに、「今後数年間で当社は、ソーシャルメディア企業からメタバース企業に効果的に移行する。」と語りました。
  • 米国のテック企業がサービス拡充に向けて社名を変更することは、過去に事例があります。2015年、グーグルはアルファベットという持ち株会社の下で完全に事業再編を行いました。これは、グーグルがもはや単なる検索エンジンではなく、自動運転車や医療技術など多様な事業を手掛ける広範な企業の複合体であることを示すためです。
  • 新しい社名は、厳重な秘密事項で、上級管理職の間でさえ広く知られていません。考えられる名前は、「ホライズン(Horizo​​n)」と関係がある可能性があります。同社が過去数年間開発してきたVRゲームプラットフォームの名称を、「ホライゾン」から「ホライゾン・ワールズ」に変更しています。

目次に戻る

訴訟リスクへの対応も社名変更の理由か?

ザ・ヴァージの記事を受けた他社の報道では、フェイスブックの社名変更は、同社を巡る多くの訴訟案件とも関係がある可能性がある、と見られています。

先月には、フェイスブックの元社員フランシス・ハウゲン氏が、大量の内部文書をメディアや議会関係者にリークした上で、米上院商業委員会で証言しました。彼女は、「フェイスブックの内部調査で、インスタグラムが10代の女性たちを中心とする若年層ユーザーのメンタルヘルスを悪化させ、アルゴリズムを使用して扇動的なコンテンツを促進しているという結果が示された。」ことを公表しました。

社名変更を含む事業再編によって、訴訟関連のリスクを限定・隔離し、訴訟リスクが全社に及ばないような手段を講じるケースは、他のセクターでもあります。

たとえば訴訟案件が多いタバコ業界では、旧フィリップモリス社が、海外部門をフィリップモリス・インターナショナル社(ティッカー:PM)として分離した上で、アルトリア社(ティッカー:MO)に社名変更しています。

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました