IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

トランプ氏、新SNS立ち上げ(SPACと合併)

トランプ氏の関連メディア会社と合併するSPACが、+356%の急騰

10月21日、SPACの「Digital World Acquisition Corp. 」(ティッカー:DWAC)が、+356%の異常な急騰となりました。

(DWACの日足チャートです。)

目次に戻る

トランプ氏、新SNS立ち上げ

このSPACの急騰の背景は、このSPACが、トランプ氏の運営する「Trump Media & Technology Group(TMTG:トランプ・メディア・アンド・テクノロジー・グループ)」と合併して、独自のSNS「TRUTH Social」を立ち上げる、と発表されたためです。
リリース文では、TRUTH Socialは、11月に一部のゲストによる利用を開始、2022年の第1四半期に全米展開する予定となっています。 

TMTGのWebサイト

President Donald J. Trump, the Chairman of TMTG, stated, “I created TRUTH Social and TMTG to stand up to the tyranny of Big Tech. We live in a world where the Taliban has a huge presence on Twitter, yet your favorite American President has been silenced. This is unacceptable.

TMTGのトランプ会長は、以下のように述べています。 「私は巨大テック企業の横暴に立ち向かうためにTRUTH SocialとTMTGを設立した。我々はタリバンがツイッターで大きな存在感を示しているような世界に住んでいるが、あなたの好きな元アメリカ大統領は沈黙している。 これは受け入れがたい。」

同社はさらに、「TMTG +」と呼ばれるサブスクリプション・ビデオオンデマンドサービスの開始を計画しており、またネットフリックスやDisney +のようなストリーミングサービスや、ポッドキャストやニュースサービスを展開する予定だと発表しています。

トランプ氏は、今年1月6日の米連邦議会襲撃事件の後、主要なソーシャルメディアからアカウントを停止されています。 これに対して7月、同氏はフェイスブック、Youtube(アルファベット)、ツイッターに対して言論の自由をめぐる訴訟を起こしています。

もし次の大統領に復帰したら、脱炭素の世界的な協調も終わりでしょうかね・・
投資家としては、警戒を怠らない方が良いですね。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました