IG証券
コラム

Appleメガネ(+ヘッドセット)への期待で、アップル株の堅調は2022年も続くか?

2022年のハイテク株はあまり上がらない。でもアップルは別?

今年(2022年)はハイテク株の売りを中心に、あまり米国株のインデックス(特にナスダック100)は上がらないとみる向きが多い中、ハイテク株の中でもアップルの堅調は続くと見る予測があります。

アップルが米国株の中で最高の銘柄、と言われる所以は;

  • 持続可能な長期的成長を支える製品開発力
  • 「ネット・キャッシュ・ニュートラル」財務戦略によってGAFAMの中でも際立つ株主還元
  • 圧倒的なブランド力
  • 主戦場は北米市場で、中国市場よりも欧州市場や南米市場が強い

ウォーレンバフェット氏のポートフォリオでも、アップル1銘柄が4割を占めていることも有名ですね。

アップルの昨日(2022年1月14日)引けの時価総額は、約2.8兆ドルです。3兆ドルが視野に入っていますね。
(クリックで拡大できます。)

目次に戻る

アップルの1Q決算発表は、2022年1月27日(木)

アップルの1Q決算発表(2021年10月~12月期)は、2022年1月27日(木)に予定されています。市場予想は、収益(売上高)は1180億ドル、EPSは1.88ドルあたりと見られています。

なおアップルは、パンデミック以降、詳細な四半期ガイダンスの発表を停止しており、また前回決算の電話会議では、「9月四半期よりも12月四半期の方が、サプライチェーンの制約の影響が大きい」と警告しています。

目次に戻る

アップルのAR・VR製品への市場の期待

アップルは、AR(及びVR)製品として、Apple Glass(アップルメガネ)とヘッドセットの開発をすすめており、ヘッドセットは今年2022年、アップルメガネは2024年に発売されると予測されています。

アップルメガネのレンズは、度数を電気的に自動調整するもので、近視、遠視、老眼、乱視などの視力障害の人も裸眼で装着できます。これだけでも欲しくなります。
参考記事

バロンズにEvercoreISIの強気な予想が掲載されていますので、引用しておきます(データ元:バロンズ

EvercoreISIアナリストのAmit Daryanani氏は、アップルのAR・VR製品における同社見通しの詳細な調査の結果、アップルメガネとヘッドセットは、アップルウォッチのような成長軌道を持つ可能性があると述べ、アップル株のアウトパフォーム評価を繰り返し、目標価格を200ドルから210ドルに引き上げています。彼はこの新製品のニュースがアップル株の触媒になると考えています。
この両製品は、発売後5年目には、売上高181億ドル、利益1株19セントを生み出す可能性があり、より強気なシナリオでは1株あたり41セントの売上高と利益で380億ドルになる可能性があると予測しています。

以上ご参考にばなれば幸いです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました