IG証券
コラム

アップルの3Q決算、売上・EPSともに予想を上回る

アップルの3Q決算は堅調

昨日(2021年7月27日)の米国株市場終了後に発表されたアップルの決算(4~6月:2021年3Q)は、以下の通りでした。

【アップルの決算(4~6月:2021年3Q)】
・売上高:814.36億ドル(市場予想:729億ドル)

・EPS(調整後):1.30ドル(市場予想:1.00ドル)

(クリックで拡大できます。)データ元:アップルIRサイト

事前に堅調な決算は予想されていましたが(参考記事)、3Qの業績としては過去最高で、各製品カテゴリで2桁台の成長を記録しました。
特に、iPhoneとServices(サービス)が好調
でした。サービスの売上高は過去最高で、売上全体の21%を占めています。同社は6月に、「Apple Podcasts Subscriptions and channels」のサブスクリプションを全世界で開始(発表元)、7月にはオリジナル映画35作品(人気のTed Lassoを含む)がエミー賞にノミネートされています(発表元)。

地域別では最大市場の北米で好調なほか、欧州・中国共に堅調でした。

ネットキャッシュニュートラル戦略による株主還元の状況は、以下の通りです(関連記事はこちら)。
当四半期(3Q)中の営業キャッシュフローは210億ドルで、290億ドルが株主に還元されています。

This quarter, our teams built on a period of unmatched innovation by sharing powerful new products with our users, at a time when using technology to connect people everywhere has never been more important,” said Tim Cook, Apple’s CEO. “We’re continuing to press forward in our work to infuse everything we make with the values that define us — by inspiring a new generation of developers to learn to code, moving closer to our 2030 environment goal, and engaging in the urgent work of building a more equitable future.”

ティム・クックCEOは、「テクノロジーで世界中の人々をつなぐ時代に、強力な新製品をユーザーと共有することがこれまで以上に重要になっている。新世代の開発者がコーディングを学ぶことで、2030年の環境目標に近づき、 より公平な未来を築く。」とコメントしています。

昨晩(7月26日)の米国株市場は、中国発のリスクオフ相場でしたね。取引終了後に上記決算を発表したアップル株は、アフターマーケット(時間外)では▼1.5%で推移しています。

目次に戻る

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました