IG証券
コラム

アップルの今月発表の決算(4〜6月期)は堅調か(モルガン・スタンレーの予測)

モルガン・スタンレーによるアップルの3Q決算予測

アップル株を保有している方は、そろそろ今月の決算発表(4月~6月:2021年度3Q)が気になっていると思います。

アップルの決算発表は、7月27日(火曜)の予定です。

バロンズに一昨日、モルガン・スタンレーのアナリストによるアップルの3Q決算予測の記事がでていましたので、ご紹介します。

モルガン・スタンレーによるアップルの3Q決算予測
データ元:Apple’s Next Earnings Will Come in Strong, Morgan Stanley Says(バロンズ、2021-7-15

  • 収益:747億ドル(コンセンサス予想:729億ドル)
  • EPS:1.02ドル(コンセンサス予想:1.00ドル)

予測情報ですのでご注意ください。

モルガン・スタンレーのアナリストは、アップルの3Q決算が市場予想を超えると見ているようです。なお同アナリストは、今後の見通しとして以下の要素をあげています。

  • サプライチェーンに関するデータはiPhoneの生産が大幅に伸びていることを示唆しており、2022年度の出荷予測を2億3100万台から2億3850万台に上方修正
  • 経済正常化によるアップルストアの顧客増
  • 買替え需要サイクルの改善
  • 5Gの採用の増加
  • バッテリー寿命とカメラの品質の向上
  • Huaweiに対するシェアの向上

目次に戻る

今年の新製品は、「iPhone13」?それとも「 iPhone12S」?

今年の秋の新iPhoneは、「iPhone13」か「 iPhone12S」になるか予測が分かれていましたが、直近のサプライチェーンレポートによれば、今年の新iPhoneは「iPhone13の可能性が高くなったようです。

「13は不吉なのでスキップされるのでは」という予測もあったようですが、「13」の可能性が高くなったようです。
ちなみに歴代のiPhoneで、iPhone2とiPhone9はありません(スキップされています)。

新iPhoneに関するリークサイトは、英語サイトだけでなく日本語でもたくさんあるのですが、以下のサイトがメジャーかなと思います。

直近の情報をまとめると、以下のような状況のようです(あくまで予測情報です)。

  • 上述の通り、名称は「iPhone13」の可能性
  • サイズはiPhone12から変更なし
    • iPhone 13 mini(5.4インチ)
    • iPhone 13(6.1インチ)
    • iPhone 13 Pro(6.1インチ)
    • iPhone 13 Pro Max(6.7インチ)
  • 発売日は例年どおり9月の可能性
  • iPhone13 Proのカメラレンズが大きくなる可能性
  • iPhone13 Proに120Hzプロモーションディスプレイの採用の可能性
  • ノッチが小さくなる
  • バッテリーの容量が増える
  • CPUはA15で、(新型iPad Proに採用された)M1ではない
  • LiDARスキャナ搭載は上記機種だけ(iPhone12シリーズと同じ)
    (LiDARはこちらの関連記事もご参照)
  • Wi-Fi 6Eに対応
  • ディスプレイ内蔵型の指紋認証

なおBloombergは、「アップルが今年発売のiPhone13シリーズの年内出荷台数を、iPhone12の2020年出荷台数から最大20%増やすべくサプライヤーに発注している」と報じています。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました