IG証券
ETFの紹介 コラム

米国初のビットコイン先物ETFが10月19日にいよいよ上場!経費率は0.95%

(注)2021年10月20日に追加記事を書いています。追加記事はこちらです。

米国初のビットコイン先物ETFが10月19日にいよいよ上場

米国市場で初のビットコインETF(ビットコイン先物ETF)が、10月19日(来週火曜日)に上場予定、と一斉に報道されていますね。

米国で上場する初のビットコインETFは、ProSharesという資産運用会社の;

ProShares Bitcoin Strategy ETF(ティッカー:BITO)

です。ProShareのSEC書類の閲覧は、こちらです。
同ETFの経費率は、0.95%です。

ProSharesは、昨日金曜日(15日)遅くにBITOについて、SECの承認を得たようです。SECファイリングによると、同社はSECに「発効後(Post Effective)」の登録届出書を提出し、NYSEは上場を承認しました。ファンドは来週火曜日に取引を開始する予定です。

ProSharesや、Invesco、VanEckなどの運用会社は、ビットコインETFの上場に向けて何年も努力してきました。 BITOが予定通りにローンチすれば、他の運用会社のビットコイン先物ETFの上場も期待できそうです。

目次に戻る

ビットコイン先物ETFのメリット

ビットコインETFの最大のメリットは、ETFになることでビットコインが株式同様に「より身近になる」「より便利になる」という点です。 ETFは手軽に分散投資したり、取引所でリアルタイムに売買を行うことができます。

ちなみに、ビットコインを大量に保有するマイクロストラテジー株(MSTR)は、これまで(まだ米国で承認されていない)ビットコインETFの代替的な位置づけとして売買されてきた、という見方があります。

またコスト面もメリットです。これまで、先物市場を経由せずに、仮想通貨に直接投資するクローズドエンド型のファンドは既に存在していました(グレースケールやビットワイズ)が、手数料が高い点が敬遠されていました。一方、ProShares ETFの経費率は0.95%なので、2%のGrayscale BitcoinTrustや2.5%のBitwiseIndexファンドよりもコストが低くなります。これらのクローズドエンド型のビットコイン・ファンドの経費率引き下げを促す効果も期待されます。

目次に戻る

ビットコイン先物ETFの注意点

このETFはビットコインの先物価格を追跡することを目的としていますが、先物契約固有の問題として、期限切れの契約を継続的に新しい契約にロールオーバーする必要があるため、この関係で投資家にコストが課されます。

先物価格は、一般的に先にいくほど値段が高くなります(先物の期近物の価格は1年後の期先物より通常は低くなります)。この現象を「コンタンゴ」と呼びます。

市場がコンタンゴの状態の場合、新しい契約にロールオーバーする時に、基近物を売り、期先物を買うため、損失を被り、それがETFのコストとなります。ProSharesは、期近物と期先物の価格を管理し、柔軟に長期契約を保持することを計画しています。

さて、本日のビットコインは以下のような状況です(日足)。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました