IG証券
コラム

ディディの配車アプリについて、中国当局が中国のアプリストアに削除を通知

上場したばかりのディディをはじめ、中国当局による米国上場中国企業への締め付けが厳しくなっていますね。
本日米国市場は休場です。日本市場では、ソフトバンク(9984)が5%超下げていますね。

ディディの配車アプリの削除通知

今月7月2日に、先日(6月30日)ナスダック上場したばかりのディディ(DiDi Gloval)が、中国サイバースペース管理局(CAC)によるサイバーセキュリティレビューの対象となることを発表しました。(DiDi Announces Cybersecurity Review in China:データ元:DiDi GlovalのIRサイト、2021年7月2日)

さらに7月4日に、CACが、「DiDi Chuxing」アプリに関連する中国の法律および規制に違反して個人情報を収集する問題があることを確認し、CACはアプリストアに中国の「DiDi Chuxing」アプリを削除することを通知し、関連する法規制を厳格に遵守し、当局によって設定された関連基準に従い、修正することを会社に要求したことを発表しました(DiDi Announces App Takedown in China:データ元:DiDi GlovalのIRサイト、2021年7月4日)

ディディは、さらに以下のように発表しています。

Once the “DiDi Chuxing” app is taken down from app stores in China, the app can no longer be downloaded in China, although existing users who had previously downloaded and installed the app on their phones prior to the takedown may continue using it. The Company will strive to rectify any problems, improve its risk prevention awareness and technological capabilities, protect users’ privacy and data security, and continue to provide secure and convenient services to its users. The Company expects that the app takedown may have an adverse impact on its revenue in China.
(訳)
配車アプリ「DiDiChuxing」が中国のアプリストアから削除されると、アプリを中国でダウンロードできなくなります。ただし、削除の以前にアプリを携帯電話にダウンロードしてインストールした既存のユーザーは、引き続き使用できます。当社は、問題の是正、リスク防止意識と技術力の向上、ユーザーのプライバシーとデータのセキュリティの保護に努め、ユーザーに安全で便利なサービスを提供し続けます。当社はアプリの削除が中国での収益に悪影響を与える可能性があると予想しています。

さらに本日(5日)、中国当局は、今年6月に米国上場したばかりの、人材マッチングサービス「BOSS直聘(BOSS Zhipin)」と、満幇集団のトラック配車アプリ「運満満」と「貨車幇」の3アプリの審査を始めたと発表していますね。

目次に戻る

「スーパーデータベース」を容認しない

ブルームバーグ(2021年7月5日)は、環球時報の以下のコメントを掲載しています。

一方、共産党機関紙・人民日報系の環球時報は滴滴アプリの除外命令に関する論説で、同社が米国に上場し、大株主は外国企業だと指摘した上で、中国は情報セキュリティーで厳しい監督を採用する必要があると主張。今回の命令は個人情報と国家の安全確保が目的だと分析した。同紙は政府が集めるよりも詳細な個人情報を備える「スーパーデータベース」をインターネット企業が持つことを中国は決して容認しないと指摘。ネット企業が業務で得たデータの全面活用も禁じるとの見通しを示した。

目次に戻る

 

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました