IG証券
コラム

2021年、ダウ平均の中で最高パフォーマンスはホームデポ(HD)。ホームデポはなぜアマゾンの攻勢を受けにくいのか?

2021年年初来のダウ平均構成銘柄のパフォーマンス比較

ダウ工業株30種平均を構成する30銘柄について、2021年初からの1年間のパフォーマンスを相対比較したものが、下のチャートです。

(クリックで拡大できます)

太い青線が、ダウ平均です。ダウ平均を構成する30銘柄をパフォーマンスの良い順番に並べると、以下の通りです。

  • ホームデポ(HD)+57%
  • マイクロソフト(MSFT)+54%
  • ゴールドマン・サックス(GS)+44%
  • シスコ(CSCO)+44%
  • ユナイテッド・ヘルス(UNH)+43%
  • アメリカン・エクスプレス(AXP)+38%
  • シェブロン(CVX)+38%
  • アップル(AAPL)+37%
  • マクドナルド(MCD)+27%
  • ウォルグリーン・ブーツ(WBA)+25%
  • JPモルガン(JPM)+25%

以上がダウ平均(+20%)をアウトパフォームしました。さらに続けると、以下の通りです。

  • ナイキ(NKE)+18%
  • P&G(PG)+18%
  • セールスフォース(CRM)+15%
  • トラベラーズ(TRV)+15%
  • キャタピラー(CAT)+13%
  • IBM(IBM)+12%
  • コカコーラ(KO)+12%
  • ジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)+9%
  • ダウ(DOW)+4%
  • インテル(INTC)+3%
  • スリーエム(MMM)+3%
  • ハネウェル(HON)+0%
  • ビザ(V)▼0%
  • ボーイング(BA)▼0%
  • メルク(MRK)▼0%
  • アムジェン(AMGN)▼0%
  • ウォルマート(WMT)▼1%
  • ベライゾン(VZ)▼11%
  • ディズニー(DIS)▼12%

目次に戻る

ホームセンター業界がアマゾンの攻勢を受けにくい理由

アマゾンの攻勢で多くの小売業が低迷する中で、ホームセンター世界1位のホームデポや、競合のロウズが長年成長を続けている背景の一つとして、商品が「かさばる」ことでサプライチェーンシステムの高度化に独特なノウハウが必要であることや、実店舗での購入のインセンティブが高い商品アイテムが多く、アマゾンの攻勢を受けにくい、というアドバンテージがあります。

ホームデポとロウズの店舗数は、共に約2,200店舗で、ここ数年はほとんど店舗数は増えていません。両社ともに、オンライン売上を重視してきており、またリアルとネットの両方で多様な販売チャネルを活用して顧客との接点を拡大する「オムニチャンネル化」をすすめています。また、ホームデポは、主要顧客の3~4割がプロ(建築業者、配管工事業者など)であることが強みの一つです。

また、コロナ後も「ワーク・アット・ホーム」のスタイルが定着していくことも、ホームセンター業界には追い風であると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました