IG証券
コラム

2022年のテスラ(TSLA)の株価・出荷台数予測

はじめに

新年明けましておめでとうございます。

2022年が貴方にとって良い年になるといいですね。
本年も「米国株.com」をどうぞよろしくお願いいたします!

新年1発目の記事は、今年も米国株市場の注目を集めるであろう「テスラ」の記事にしたいと思います。

2021年のテスラ株のパフォーマンス

まずは2021年年初からの1年間のパフォーマンスの比較チャートをご覧ください。

(クリックで拡大できます。)

太い青線がテスラです。
一番上からエヌビディア、グーグル、マイクロソフト、テスラ、アップル、S&P500、ナスダック100、メタ(フェイスブック)、ダウ30、アマゾン、の順になっています。

エヌビディアが約130%上昇したので、他は大したことないように見えますが、テスラは年初から約45%上昇して、1,056.78ドル、時価総額も1兆ドルを突破して2021年を終えました。

2021年のテスラ株は、8月末頃までは年初来マイナスで推移、その後急上昇しました。その後11月にイーロン・マスクCEOが自身が保有するテスラ株の10%縮小を開始したことで大きな調整を経た後に、年末に再び上昇するという1年でした。

10月頃から、テスラ株は、(半導体・AI・自動運転・メタバースの勝ち組として2021年の米国株相場の主役になった)エヌビディア株と、株価の動きの相関が高くなっていますね。

目次に戻る

2022年のテスラ株のパフォーマンス予測

2021年終了時点のテスラ株は、以下のような状況です。

  • 株価:1,056.78ドル
  • 時価総額:1兆610億ドル
  • 予想PER:121.95
  • PSR:24.67

2021年3Qまでの出荷台数・生産台数実績の推移は、以下の通りです。
(2021年4Qの数値が間もなく発表されます。)

テスラのこれまでの出荷台数は、2020年に約500,000台、2021年に(4Qの予測を含めて)約900,000台です。

2022年は、ベルリンとオースティン(テキサス州)の2つの新工場が立ち上がります。

2022年の出荷台数については、ドイツ銀行のアナリストは約1,420,000台と予測、特にテスラのバッテリー技術、バッテリー容量、コスト構造の改善は、世界的なEVシフトを加速させて、その中でテスラのリードを大幅に拡大させる可能性がある、と見ています。(出所:バロンズ

2022年のテスラの株価目標については、ドイツ銀行は、1,000ドルから1,200ドルに引き上げました。一方、WedbushとJefferiesは1,400ドル、PiperSandlerは1,300ドルと予想しています。(出所:バロンズ

以上ご参考になれば幸いです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました