IG証券
コラム

英国の経済指標

【政策金利】
イングランド銀行 (Bank of England)
金融政策委員会:Monetary Policy Committee(MPC)
http://www.bankofengland.co.uk/
HP_BOE


金融安定政策委員会:Monetary Policy Committee (FPC)
保守党政権は、2013年3月、FSA(金融サービス庁)を廃止、FPCが金融システム全体の安定維持(マクロプルーデンス)の責務を負っています。

【インフレ報告】
インフレ報告(Inflation Report)は、イングランド銀行が四半期ごと(2月、5月、8月、11月)に公表する、英国経済の詳細分析、MPCの政策金利決定の際の基礎となるインフレ予測、およびインフレ期待の評価に関するレポートです。
当レポートは、経済成長の概要から始まり、以下の5つのセクションで構成されています。
– 貨幣・資産価格の分析
– 需要の分析
– 生産・供給の分析
– コスト・価格の分析
– 中期的なインフレ予測とリスクの評価

1~2年先のGDP成長率・CPIの予測が分かりやすいファンチャートで示され、今後の英国の金融政策の方向性を予測する資料として市場の注目が高いものです。 また、MPCでの金融政策の決定にも大きな影響力を与えます。

Bank of England | Publications | Inflation Report
http://www.bankofengland.co.uk/publications/Pages/inflationreport/default.aspx
2014年5月版のインフレ報告はこちら(Webキャスト、Podcastもあります)
inflationreport

【GDP】【貿易収支】【経常収支】【CPI】【失業率】【小売売上高】ほか
英国立統計局:Office for National Statistics(ONS)
http://www.ons.gov.uk/ons/index.html

【PMI】
英国製造業PMI(速報値・確報値)
英国の民間市場調査会社Markit社が集計公表する購買担当者景気指数。企業を対象に行うアンケート結果をもとに算出公表するもので、先行性の高い指標の一つです。また一貫した調査方法の採用により、国際比較も可能とされています。
速報値は毎月当月の下旬、確報値は毎月翌月の初旬に発表されます。
Markit社は毎月、30以上の国々の企業20,000社以上からデータを収集、調査回答を照合、確認のうえ集計し、製造業、サービス業、小売業、建設業の各セクターをカバーする大規模データを提供しています。
Markit社Webサイト

【住宅ローン承認件数】
加熱している英国の住宅市場、ひいては英国の金融政策の先行きを予想する上で重要な指標の一つが、イングランド銀行(Bank of England)が毎月公表する「住宅ローン新規承認件数(The number of loan approvals for house purchase)」です。

BoEが毎月月初に公表する「Statistical relaese」の「Money and Credit」編の中に含まれています。

Bank of England: Statistical relaese
http://www.bankofengland.co.uk/statistics/

(参考)Bllomberg:住宅ローン承認件数チャート
http://www.bloomberg.com/quote/UKMSVTVX:IND

【ネーションワイド住宅価格指数】
ネーションワイド住宅価格指数(Nationwide House Price Index)は、英国最大の住宅金融組合ネーションワイド(Nationwide Building Society)が、毎月公表しているイギリスの全国平均住宅価格の指数です。インフレの関連指標として注目されます。
ネーションワイドは、組合員向けに住宅ローンなどの金融サービスを提供しています。
HP_Nationwide
http://www.nationwide.co.uk/about/house-price-index/headlines


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました