IG証券
コラム

前回安値を下抜けたS&P500。下値メドは?

ついに前回安値を下抜けてきたS&P500指数。どこまで下がる?

「プーチン大統領がウクライナ東部地域での軍事作戦実施を決断」との報道で、S&P500株価指数先物はついに前回安値(1月24日:4220近辺)を下抜けてきましたね。

前回安値を割らなければダブルボトムになるところでしたが、残念ながら割れてきましたね。

売られすぎを示す指標がいろいろ出てきていますが、あまりあてになりません。
ここでは、信頼度が高いといわれる「フィボナッチ・エクステンション」というラインをTradingViewのチャートに引いてみます。

(クリックで拡大できます。)

まずはフィボナッチ・エクステンションの「1」のライン、4,000ポイントあたりが下値メドになりそうです。ここで最高値から約17%の下落幅です。
このラインは、最高値(A)と前回安値(B)の間と同じ距離を、前回高値(C)から引いたところです。別名「N計算値」といいます。
ここを割ってしまうと、3,600台でしょうか。

【フィボナッチ・エクステンションとは?】
フィボナッチ・エクステンション(3点を使う)は、A点とB点(高値と安値)の距離を基に、C点(押し目や戻り目)からの到達点を予測するものです。フィボナッチ・リトレースメント(2点を使う。A点とB点から、C点を予測する)と共に、よく使われます。
※なお、フィボナッチ・エクステンションは、MetaTraderではフィボナッチ・エクスパンションという呼称になっているので混同している方がおられます。呼称はどうでもよいので、3点を使う引き方をおさえておくと良いと思います。

目次に戻る

極端な下落相場におけるフィボナッチ・エクステンションの事例

ご参考に、極端な下落相場では、このフィボナッチ・エクステンションの「1.618」のラインまで到達することがあります。例として、2020年3月のコロナウイルスのショック相場は以下のような状況でした。「1.618」あたりで下げ止まったことがわかりますね。

ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました